横浜DeNA、北海道日本ハムジュニア出身の砂田毅樹投手が日本ハム戦に予告先発

横浜DeNA球団ニュース

 今日のプロ野球、北海道日本ハムvs横浜DeNAベイスターズ戦では、大谷翔平投手と共に砂田毅樹選手が予告先発された。砂田選手は2013年の育成ドラフト1位で横浜DeNAに指名され、先日、支配下登録選手として契約を行っている。

北海道日本ハムジュニア出身

 砂田毅樹投手は小学生の時から有名で、6年時には北海道日本ハムジュニアに選出され、12球団トーナメントを戦った。ちなみにその2007年ジュニアトーナメントでは、オリックスバファローズジュニアで森友哉選手が、横浜ベイスターズジュニアで松井裕樹投手がプレーしている。

 砂田選手は札幌伏見中学校時代に中学NO1左腕と注目され、秋田の明桜高校(旧秋田経法大付)に進学した。高校では高い素質は常にプロのスカウトに注目されたものの、結果が伴わずに甲子園に出場は無く、ドラフト会議でも育成ドラフトでの指名だった。

 

高い素質

 プロ入りすると砂田選手は1年目からファームで好投を見せる。球速こそ140km/h前半が多いものの、外角低めに決まる速球は力があり、1軍でプレーするような選手も見逃し三振をしてしまう球威を見せた。イースタンリーグで2勝を挙げて終盤にはローテーションの一角として登板すると、この春には中畑監督も1軍候補の中に砂田投手を挙げていた。

 そして砂田選手はプロ初登板の試合について、交流戦の北海道日本ハム戦で登板したい旨を首脳陣に伝えたという。小学生時代にユニフォームを着た北海道日本ハムに、そして中学時まで活躍を見せた北の大地で、プロ野球1軍生活をスタートさせる。

 相手は、球界を代表する大谷翔平投手、花巻東で学年が1つ上、公式戦での対戦は無いものの同じ東北地方の明桜高校の砂田投手にとっては近い存在だったと思う。思い切った投球を期待したい。

2013年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント