早大打線、活発!3年生・石井一成選手もホームラン

丸子達也, 道端俊輔, 茂木栄五郎, 石井一成, 重信慎之介, 早稲田大, 河原右京

 早稲田大打線が上武大を圧倒した。3番茂木栄五郎選手の他、4番・丸子達也選手が2本の2ベース、5番・石井一成選手も2安打にホームランなど2打点を挙げた。

脅威の打線

 今年の早稲田大打線は、各打者がやることをきっちりとやり、打順の役割も見事に話しており、これまでの大学野球のチームの中でもトップクラスの打線といえる。

 この日も1番・重信慎之介選手が2安打に盗塁1つでチャンスを作ると、2番の主将・河原右京選手も5打数3安打に2打点、3番の茂木栄五郎選手も5打数3安打、ホームランに2本の2ベースヒットで4打点を記録した。

 また4番でリーグ戦首位打者の丸子達也選手も5打数3安打で2本の2ベースヒットを放つと、5番で3年生の石井一成選手も4打数2安打、ホームランも放ち、来年のドラフト上位候補の実力を見せた。

 6番の道端俊輔選手も2安打を放つなど、手がつけられない状態になっている。

 

敵将も脱帽

 相手の上武大も今大会は2回戦で東農大北海道に9-0で勝利するなど、打撃のチームとして注目されていた。しかしこの日の早稲田大の打線に、谷口監督は「あれだけの打撃は練習で培われるものじゃない。」と話し、「もともとのモノが違いますよ」と、選手の質の高さに脱帽をした。

 しかし、去年までの早稲田大の打線は、あまり怖さを感じなかった。早稲田大との対戦は、有原航平投手を攻略できるかどうかが焦点だったと思う。確かに、高校で活躍した最も優秀な選手を集めることができる早稲田大だが、その素質に高橋広監督の指導や選手起用が加わり、大きく花開いたと言える。

 丸子選手や道端選手が再び輝きを取り戻し、茂木選手は大きく羽ばたいた。一人の好投手がいるチームが優勝をしてきた大学野球界は、投高打低の状態が続く。今年の早稲田大打線や高橋監督の指導を分析することで、レベルアップが測られると思う。

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

2015年度-大学生内野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP