ソフトバンク2017年ドラフト1位の吉住晴斗投手が引退視野

福岡ソフトバンク球団ニュース

福岡ソフトバンクが、2017年のドラフト1位で指名した吉住晴斗投手が、引退を視野に入れていることがわかった。

スポンサーリンク

球団は育成契約を検討も

吉住晴斗投手は、2017年のドラフト会議で、清宮幸太郎選手、安田尚憲選手、馬場皐輔投手を指名して抽選を外したソフトバンクが、1位入札の4番目に指名をした投手で、鶴岡東高校で2年時に甲子園で登板をしていたものの知名度が高くなく、1位指名時はかなり話題となった。

高校時代から151キロを記録し、高い素質を評価したソフトバンク、特に映像をみた工藤監督が高く評価していたというが、ソフトバンク入りすると、2年目となった昨年のフレッシュオールスターで、最速149キロのスッとレートで1回を3者三振に抑える力投を見せ、今年への飛躍が期待されていた。

今年は千賀投手と自主トレを行うなど1軍昇格を目指したものの、「技術面で今までやれたことができなくなった。3年間で今年が一番しんどかった。」と話し、2軍での登板は無く、3軍で22試合に登板し防御率4.89と低迷した。

球団は支配下での契約を結ばないことを通告し、育成での再契約を検討しているが、吉住投手は「結論を出すには長くかからないと思う。なんとなくこうしたいという方向はある。今は野球に対する気持ちが切れかかっている部分がある」と話した。

甲子園での投球と、フレッシュオールスターでのピッチングには胸が踊った。「せっかく指名されたのに」という意見もあるだろうが、自分の人生なので自分でしっかりと決めて先に進んで欲しいと思う。

福岡ソフトバンク、過去のドラフト指名一覧
福岡ソフトバンクホークス公式ページ 福岡ソフトバンクホークス掲示板 福岡ソフトバンクホークスのドラフト指名予想 福岡ソフトバンク過去のドラフト指名 3年間 投手16名(右10、左...
2017ドラフト指名選手
2017年ドラフト会議は10月26日に行われ、高校生49人、大学生33人、社会人23人、独立リーグ9人の合計114人が指名されました。
ソフトバンク吉住「気持ち切れかかって」引退も視野 - プロ野球 : 日刊スポーツ
ソフトバンクは18日、山形・鶴岡市出身の吉住晴斗投手(20)と来季契約を更新しないことを発表した。鶴岡東から17年ドラフト1位で入団。山形県内の高校生が1位指… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント