奈良大会、智弁学園の岡本和真選手、広岡大志選手など戦力厚い、大和広陵・立田将太投手も注目

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 夏の高校野球、奈良大会の組合せ抽選が行われた。

 智弁学園は2年生の岡本和真選手と1年生の広岡大志選手など、下級生に長打のある選手がいる。岡本選手は昨年秋の大会で3本塁打を記録、中学時代からスラッガーとして知られていた選手。また広岡選手の近畿大会で特大のホームランを放った1年生で、こちらも注目されていた選手。182cmの大型遊撃手・大崎拓也選手など打線がチームを引っ張る。

 センバツに出場した大和広陵・立田将太投手、済美・安楽智大投手と比較される149km/hを投げる2年生だが、センバツではかなりの差が付いた印象。ただし、立田投手は長期的に野球人生を見ているような所もあり、どのような成長を見せるのか楽しみな投手。

 昨年甲子園に出場した天理は春季大会で初戦敗退するなど、波乱がありそうな大会となりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 智弁学園(奈良)の岡本君の現在のホームラン数は何本ですか?