御船・井手真悟投手に福岡ソフトバンク、阪神など6球団が視察

井手真悟, 御船高

 高校野球熊本大会が開幕し、御船高校が苓明高校の勝利した。最速144km/hを投げる井手真悟投手に、福岡ソフトバンク、阪神など6球団のスカウトが視察に訪れた。

4番遊撃手に、1イニング2奪三振

 井手選手はこの日は4番遊撃手として出場し3打数1安打1打点を挙げると、7点差の開いた7回に井手真悟投手が登板し、最速141km/hのストレートで2奪三振、三者凡退に抑えて試合を決めた。

 176cmから144km/hの速球とスライダー、ツーシーム等の多彩な変化球を投げる投手としても注目されているが、遊撃手として、また高い打撃センスも評価されている。

 

6球団が視察

 この日は福岡ソフトバンク、阪神など6球団が視察、福岡ソフトバンクの福山スカウトは「肩が強いし、経験を積んでいけば将来が楽しみ」と話した。

 スカウトの話を聞く限りでは野手として評価しているようだ。憧れのプロ野球選手は今宮健太選手ということで、今宮投手のように高校時代はエースとして遊撃手としてプレーし、プロ入り後は遊撃手など内野手としてプレーする事になりそうだ。

プロ注目の井手、余裕の1回零封 - 西日本スポーツ紙面 2014/7/6

 


PAGE TOP