履正社・安田尚憲選手にプロスカウト絶賛「ええ根性しとる」

履正社高, 安田尚憲

センバツ高校野球、履正社vs日大三の試合で登場した左のスラッガー・安田尚憲選手は、9回に逆方向にフェンス直撃のタイムリー2ベースを放った。プロスカウト陣も高い評価をしている。

3三振も恐れず

相手は日大三の櫻井周斗投手、切れ味の良いスライダーが持ち味で、昨年秋の東京大会決勝では清宮幸太郎選手から5三振を奪っている。この日も伸びのあるストレートと切れ味鋭いスライダーで、履正社打線は3回まで6つの三振を奪われた。

安田選手も低めのスライダーにバットが出てしまう。第1打席で三振すると5回の第3打席まで3連続三振に倒れた。「早実の清宮君が5三振したのがわかりました。自分の想像を2倍上回るキレ。曲がりが遅く直球かと思った」と苦戦していた。

しかし9回、安田選手は外角のストレートに絞ると、そのストレートを逆方向にフルスイング、打球はもう少しでホームランというフェンス直撃の当たりを見せた。4打数1安打1打点3奪三振と成績は良くなかったが、最後に安田選手らしいあたりを見せた。

スカウト陣絶賛

この9回の一打に広島の苑田スカウト部長は「あれだけやられたら普通はスライダーを打ちたくなる。ええ根性しとる」と話すと、阪神の畑山チーフスカウトも「オフに取り組んでいた逆方向への打球。成果が出たのでは」と話した。

他にもスカウトが高い評価をしている。

〇オリックス・長村球団本部長:「スケールが大きい打者だね。逆方向にも当てるだけじゃなくて、腰を入れて打てている」

〇広島・鞘師スカウト:「逆方向へああいう打球を打てたのはいいこと。少し方向は違うけど、大谷が甲子園でああいう打球を打ったね」

〇中日・中田スカウト部長:「安田選手らしさが出た。甘くなったところは見逃さない。長打力は抜群。常にフルスイングするからあそこまで飛ぶ。3三振はいずれも打てない球。それまで右腰が開いていたのを最後は修正していた。一番の魅力は長打力」

〇巨人・岡崎スカウト部長:「3打席三振していて、反対方向に狙って初球を打つのは大したもの。安田と清宮はトップクラス」

一打でプロのスカウトを納得させたスラッガー、この日の試合は試練でもあったが、それを最後に乗り越えた。「ホームランだったらよかったけど」と本音も話したが、逆方向のフェンス直撃打から、今大会の安田伝説が始まる。

履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

桜井のスライダーに手こずった。1、3回はいずれもバットが空を切った。5回は見逃しで3打席連続三振。「早実の清宮君が5三振したのがわかりました。自分の想像を2倍上回るキレ。曲がりが遅く、直球かと思った」と脱帽した。

バックネット裏で視察したスカウト陣も、左スラッガーの修正能力に舌を巻いた。「あれだけやられたら、普通はスライダーを打ちたくなる。ええ根性しとる」と広島・苑田スカウト統括部長。阪神の畑山チーフスカウトも「オフに取り組んでいた逆方向への打球。成果が出たのでは」と高評価した。

開会式前には待機していた甲子園室内練習場のトイレで、早実・清宮と遭遇したという。2人を担当する阪神・畑山チーフスカウトも「因縁めいたものがあるのかな」。


PAGE TOP