専大松戸、前橋育英などが関東大会出場、神奈川は東海大相模が制す

根岸崇裕, 北本佑斗, 鈴木萌斗, 川上鳳之, 北浦竜次, 山本將太, 及川雅貴

春季高校野球は四国大会が始まり、また関東では続々と関東大会出場校が決まっている。

関東大会出場

栃木大会では作新学院と白鴎大足利が関東大会出場を決めた。白鴎大足利は145キロ左腕の北浦竜次投手がおり、作新学院は俊足外野手の鈴木萌斗選手が注目される。今井達也投手のように急成長する投手がいるかも注目したい。

群馬大会では前橋育英と健大高崎が関東大会に出場、140キロカルテットのうち、この日は190cmの根岸崇裕投手が前橋東を7回無失点に抑えた。センバツで登板した丸山和郁投手、皆川喬涼投手の他、吉沢悠投手の復活にも期待したい。

千葉大会では千葉敬愛と専大松戸が出場を決めた。専大松戸は144キロ右腕のプロ注目・川上鳳之投手が、検見川を9回1失点に抑えた。スライダーをコースに投げ分け2安打9奪三振の好投だった。「清宮とか増田とか」と対戦したい、清宮選手や増田珠選手との対戦をの楽しみにしている。

茨城は関東大会が地元開催のため4校が出場をする。この日は、明秀日立、石岡一、霞ヶ浦、土浦湖北がベスト4に勝ち上がり関東大会出場を決めた。霞ヶ浦はプロ注目の184cm右腕・遠藤淳志投手が総和工を9回完封で勝利した。関東大会で注目される。

山梨大会は準々決勝が行われ、東海大甲府と山梨学院がベスト4進出。東海大甲府は2年生の山本將太選手が4回にホームランを放つなど、5打数3安打4打点の活躍を見えた。山本選手は侍ジャパンU15代表の捕手に選ばれた注目選手、チームの捕手は主将の亀田啓太選手がマスクを被っており、打撃を買われて一塁手で出場しているが、この日は8回からマスクを被るなど、期待も高い。

神奈川大会は決勝が行われ、東海大相模が横浜に14-13で勝利した。すでに両チームとも関東大会出場を決めており、横浜高は1年生の及川雅貴投手が登板したものの、2回途中7安打6失点で降板した。及川投手は中学時代にU15のエースとして活躍したが、この日は自慢のストレートを打ち返された。「高校野球は甘くないことを実感しました。体重を増やして球を重くしたい」と話した。

四国大会開幕

四国大会は1回戦が行われ、明徳義塾はエースの技巧派左腕・北本佑斗投手が、鳴門渦潮を106球で5安打完封、4-0で勝利した。帝京五は英明に9-4で勝利、2年生右腕の高橋謙信投手が161球を投げて11安打も4失点に抑え完投した。

松山聖陵は徳島商に1-0で勝利、三本松は高知に9-2で勝利した。

2017年度-関東のドラフト候補リスト

2017年度-四国のドラフト候補リスト

7番・一塁で初先発した山本将太捕手(2年、172センチ、76キロ、右投右打)が公式戦1号を含む5打数3安打4打点の活躍でレギュラー入りをアピールした。

明徳義塾(高知)が完勝で4強に進んだ。エース・北本佑斗投手(3年)が5安打完封。106球で試合を終わらせ「直球のキレが良かった。90点くらいの投球ができた」と笑顔で振り返った。


PAGE TOP