智弁学園、太田英毅選手が2打席連続3ランホームランで逆転優勝

智弁学園, 太田英毅

春季高校野球奈良大会は智弁学園vs奈良大付の決勝戦が行われ、智弁学園の4番・太田英毅選手が、8回、9回に2打席連続の3ランホームランを放ち、逆転優勝を飾った。

0-6からの逆転

智弁学園はドラフト候補右腕の松本竜也投手が6回に打者一巡の猛攻を受け、6点を失い0-6と劣勢のまま8回を迎えた。すると8回ノーアウト1,2塁の場面で打席に入った4番でドラフト候補の太田英毅選手が、ライトスタンドに3ランホームランを放つ。

そして9回、1点を返し4-6となった場面の2アウト1,2塁の場面で、再び太田選手が打席に入ると、左中間への逆転サヨナラ3ランホームランを放った。太田選手は「本塁打は狙っていなかった。センター返しで投手に当てる気持ちでと言われていた。差し込まれたと思ったが、振り抜けたのがよかった」と話した。

この日はショートを守り、2本の3ランホームランを放った太田選手、長打も打てて広角にヒットも打てる選手で、長打も打てる内野手として大きく成長してほしい。

智弁学園は近畿大会に出場を決め、大阪桐蔭などと対戦する。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生-奈良県のドラフト候補リスト

「本塁打は狙っていなかった。センター返しで投手に当てる気持ちでと言われていた。差し込まれたと思ったが、振り抜けたのがよかった」


PAGE TOP