センバツに向けて、松山聖陵の注目選手たち

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

センバツに出場するチームの、注目選手を、個人的に注目したい選手1位から3位まで紹介します。今回は松山聖陵高校。

松山聖陵の注目選手

190cm右腕の土居豪人投手は、角度のある投球で最速も144キロを記録する。今年の高校生のドラフト候補投手を見ても、トップクラスの存在。聖カタリナ高校から1年生の夏に転向した事もあり、昨年夏までは公式戦に出場できなかったが、秋の愛媛大会決勝では1安打8奪三振1失点完投勝利など力を見せた。ドラフト上位候補となる投手か注目をしたい。

二塁手の富里尚史選手は、中学時代に100m11秒4の記録を出す、屈指の俊足選手。昨年春に左ひざの後ろ十字じん帯を断裂し心配されたが、秋の県大会では6試合で20打数8安打、5盗塁を記録し復活をアピールした。3番を任せられるが、足に注目したい。

3番目に注目するのは平良倭麻選手。4番を任される選手だが、50m6.0秒の足がある選手で、昨年まで捕手を務めていた遠投100mの強肩も光る。つないで足を見せる4番として注目したい。

チーム

エース土居投手が最少失点に抑え、1番から4番までが足を使う選手が揃い、足で試合をかき回して1点を奪っていく。接戦を勝ち抜いていくことができるチームだろう。

松山聖陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント