日大三・井上広輝投手が147キロ甲子園デビュー、広島・中日スカウト「来年ドラフト上位」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

日大三の井上広輝投手が甲子園にデビューし、147キロの速球を披露した。リリーフで登板し、6回を2安打5奪三振で無失点に抑えた。

6回2安打5奪三振

昨年秋に1年生ながら145キロを記録していた井上広輝投手は、この日は4回から2番手としてマウンドに登ると、いきなり146キロを記録、140キロ台の速球を連発しスタンドを沸かせた。それでもそのバッターにヒットを許し、2アウト3塁のピンチを背負ったが、そこで井上投手は147キロを記録、三振でピンチをしのいだ。

制球も安定してくると、5回から8回まではヒットを許さず、9回に1アウトからヒットを許したものの後続を三振とライトフライに抑えた。6回を投げて2安打5奪三振1四球という内容だった。

147キロは過去のセンバツ大会で2年生投手が記録した球速としては、安楽智大投手の152キロに次ぐもので、帝京の伊藤拓郎投手、報徳の田村伊知郎投手と並ぶ2位タイ記録となった。そして井上投手は球速だけでなく、左バッターのインコースにも投げ込むことができ、制球も比較的安定していた。「夢の舞台だったので最初は緊張したけど楽しめた」と初甲子園の感想を話した。

広島、中日スカウト絶賛

今大会にはおそらく全球団のスカウトが来ていると思うが、井上投手の投球について、広島・白武スカウト部長は、「コントロールが安定したら来年、上位候補になり得る」と評価、中日の中田スカウトディレクターは「腕の振りがシャープ。来年目玉になる可能性が大きい」と話し、来年のドラフト上位候補と評価した。

今大会でもNO.1投手と評価される可能性も高い。怪物候補がベールを脱いだ。

2019年度-高校生のドラフト候補リスト
日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

その姿はネット裏のスカウトの目にも焼き付いた。「コントロールが安定したら来年、上位候補になり得る」と広島・白武スカウト部長。伝統の強打と2年生右腕の力があれば、1971年以来の春頂点も夢ではない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント