明徳義塾・市川悠太投手が146キロ、中日スカウト「一言で言えば一級品」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2018年センバツ高校野球ニュース

明徳義塾のプロ注目エース・市川悠太投手が、甲子園で最速146キロを記録した。本人も不満の残る内容だったが、視察した中日スカウトは絶賛した。

突如崩れるも

市川悠太投手は、馬淵監督も「高校に入って最高の状態」というように、好調でこの日のマウンドに登った。初回から140キロ中盤の速球を、右、左バッターのインコースに投げ込み、2回には自己最速となる146キロを記録した。その後も球威、制球とも良いピッチングで7回まで1失点、毎回奪三振、チームもリードしそのまま試合を終えるかに思えた。

しかし8回、1アウトから3つの四死球で満塁とし、2点タイムリーヒットを浴びると、その後も四球とヒットでこの回4失点、3-5と逆転されてしまう。「力が入って体が開いていた。フォームがばらついて、四死球を出してしまった」と話した。

それでも9回まで6安打11奪三振5失点、最後には4番・谷合悠斗選手の逆転サヨナラ3ランで勝利した。この試合の投球について「20点。次は完封します」と話し、突如崩れた部分を反省し、次の試合では隙を見せないピッチングをすることを誓った。

スカウト評価

市川投手が突然ストライクが取れなくなるというのは予想外だったが、それでも初回から投球内容は抜群だった。

視察した中日の中田スカウトディレクターは「ひと言で言えば一級品。スライダーが独特の変化をして、プロでも十分に通用する」と評価した。

この日の投球で、ドラフト上位に入ってくると判断したスカウトは多いだろう。

谷合選手がサヨナラ弾

一方、4番を打ったプロ注目の谷合悠斗選手は、4打席目まで大谷拓海投手にノーヒットに抑えられたものの、9回2アウト、1,2塁の場面で、バックスクリーンにホームランを放った。チームを救うホームランだった。

昨年の明治神宮大会後に疲労骨折のため、右ひじと左足首の手術をした。まだ左足首にはボルトが入っている状態だった。

この日のホームランで高校通算29号、昨年夏に続いて2大会連続のホームランとなった。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
明徳義塾高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨秋の公式戦10試合を1人で投げ抜き、チームを明治神宮大会優勝へ導いた鉄腕エース。甲子園独特の緊張感の中で序盤から快投を続けたが、疲れからか突如コントロールを乱して4点を失った。9回を投げ6安打5失点、11奪三振。142球を要した初戦のマウンドを「20点」と厳しく自己採点した。

 ただ、随所に進化の跡は見せた。二回には自己最速を1キロ更新する146キロをマーク。キレ味を増したスライダーで空振りを奪うシーンも目立った。

7回まではスライダーが切れ、直球も自己最速を1キロ更新する146キロを計測。ところが8回に3連続四死球が絡んで4失点で一時逆転を許し「左打者の内角スライダーを狙いすぎて引っかけた」と首をかしげた。逆転サヨナラ勝ちで救われたエースは「(自己採点は)20点。次は完封します」と宣言した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント