日大鶴ヶ丘・勝又温史投手が147キロ、広島など11球団スカウト注目

日大鶴ケ丘, 勝又温史

春季高校野球東京大会では、日大鶴ヶ丘vs創価の試合が行われ、最速147キロの速球を投げる勝又温史投手が登板した。

ホームランも

勝又温史投手は背番号10を背負う。この日も先発ではなかったが、味方の先発投手が失点をすると、3回1アウトからまずは代打で登場した。すると、センターオーバーのホームランを放ち、まずは打撃でパワーを見せた。

そしてそのまま投手としてマウンドに立つと、自己最速タイの147キロを記録した速球を中心に、3回、4回を無失点に抑えた。5回に味方のエラーで2失点し3回2失点という内容で降板した。

勝又投手は制球に課題があったもののこの日は無四球、「冬やってきた練習の成果は出せた」と話した。萩生田監督は「体が柔らかくて腕の振りが強いので、今は大きなケガをしないように気をつけている。今回、公式戦の場を踏めたのは良かった」と話し、今後も大事に投げさせていく予定。

プロスカウト注目

この日は11球団のスカウトが視察に訪れた。広島の尾形佳紀スカウトは「黒田さんみたい。東京NO.1ですね」と評価をしている。

147キロの速球を投げ、ホームランをかっ飛ばすパワーに、しなやかさを感じさせる投球フォームなど、評価が非常に高い。まだ素材型ではあるものの、将来はかなりの投手、またはバッターになる可能性がある。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

プロ注目の147キロ右腕・勝又温史投手(3年)が投打で魅せた。11球団のスカウトが見守る中、3回1死から代打で登場するといきなり中越えソロ。そのまま投手としてマウンドに上がり、自己最速タイの147キロを計測するなど3、4回を無失点に抑えた。5回には守備のミスが絡んで2失点し、結局3回2失点で降板。それでも、しなやかな腕の使い方や高い身体能力には絶賛の声が続出。広島の尾形佳紀スカウトは「黒田さんみたい。東京No.1ですね」と評価した。 


PAGE TOP