習志野・古谷拓郎投手にヤクルト注目、浦和学院・渡邉勇太朗投手は復帰登板

渡邉勇太朗, 古谷拓郎, 垣越建伸

この日の春季高校野球関東大会では、プロ注目投手も続々登場した。習志野の古谷拓郎投手はリリーフで登板し東京ヤクルトのスカウトが評価をしている。

プロ注目投手

習志野の古谷拓郎投手は182cmの身長があり、のびやかなフォームから140キロ前後のキレの良い球を投げるプロ注目投手。この日の作新学院戦では、6点リードをした7回途中から登板すると、2回2/3を投げて1安打無失点と危なげない投球を見せた。

視察した東京ヤクルト・橿淵スカウトグループデスクは、「潜在能力の高さを感じる投手」と評価し、将来性を見ていた。

浦和学院は千葉黎明と対戦し、埼玉大会では故障のために登板をしていなかったプロ注目の渡邉勇太朗投手が先発した。渡邉投手は、4回1/3を投げて3安打5奪三振2失点、3回2アウト1,2塁から2点タイムリー3ベースヒットを打たれて2失点をした。

188cmの大型右腕でプロも注目する。スカウトがスピードガンで142キロを記録し、まずまずの力のある球も見せた。故障の影響も考慮して60球で降板したが、「50~60点くらい。コントロールとフォームを重視して投げていた。まだフォームも定まっていないし、課題は山積みです。これから夏に向けて、自分の中で合わせていきたい」と話した。

山梨学院の144キロ左腕でプロも注目する垣越建伸投手は、日大三に7回9安打8失点と打ち込まれた。3点リードした6回に打者11人に5安打3四死球で7点を奪われた。

185cm95kgの大型左腕として、プロ5球団のスカウトが注目したが結果を残せなかった。「完全に自分の力負けです。甲子園を見据えて、全国で通用するレベルになりたいです」と話した。

2018年度-高校生投手のドラフト候補リスト
2018年度-関東のドラフト候補リスト

6点リードの7回途中から登板し、2回2/3を1安打無失点。16年夏の甲子園を制した作新学院(栃木1位)に快勝し、8強進出を決めた。

渡辺は4回1/3を投げ被安打3で2失点、5奪三振の好投。復帰戦で60球を投げ「(100点満点で)50~60点くらい。コントロールとフォームを重視して投げていた。まだフォームも定まっていないし、課題は山積みです。これから夏に向けて、自分の中で合わせていきたい」と前向きに話した。

山梨学院は先発したプロ注目左腕、垣越(かきごし)建伸投手(3年)が、日大三に7回9安打8失点と打ち込まれ、敗退。3点リードの六回は打者11人に5安打3四死球で7点を奪われた。プロ5球団のスカウトがバックネット裏から熱視線を送っていたが、「完全に自分の力負けです。甲子園を見据えて、全国で通用するレベルになりたいです」と雪辱を誓った。


PAGE TOP