木更津総合・根本太一投手が149キロ、日本ハム、東北楽天スカウトが注目

木更津総合, 根本太一

木更津総合の2年生・根本太一投手が8回にリリーフで登板すると、149キロの速球を披露し、甲子園のスタンドを沸かせた。また2年生が好投を見せた。

2年生投手

根本太一投手は180cmの右腕投手で、最速149キロの速球を投げる投手として注目されていた。東千葉大会からリリーフとして投げ、主に8回のマウンドを任されている。この日は8回2アウト2,3塁のピンチで登板すると、初球にいきなり148キロのストレートを記録しスタンドを驚かせる。続いてインコース低めに149キロを記録、さらにスタンドを沸かせた。

甲子園では、星稜の奥川恭伸投手、創志学園の西純矢投手投手、横浜・及川雅貴投手など2年生投手が連日、甲子園を盛り上げているが、その中に根本投手も加わった。長いイニングを投げられれば、BIG4クラスの投球を見せてくれそうだが、9回1アウト1塁の場面ではストレートの四球を出したが「クイックの時に課題が出た」と話し、まだ課題もある。今年はリリーフで球の勢いで抑え、来年はエースとして課題を克服し、先発で結果を残すだろう。

プロスカウト注目

根本投手のこの投球に、視察をしている北海道日本ハムの岩舘スカウトは「球質が強い。ひと冬越えたら、150キロを超えてくる」と評価、また東北楽天の長島スカウト部長も「あのボールを見たら、おおっとなる。これからが楽しみ」と期待をしている。

149キロを記録した根本投手、「将来はプロに行きたい。あと1キロなので150キロを出したい。将来は全国で一番になりたい」と話した。

及川投手とは小学6年時に千葉ロッテジュニアで一緒にプレーし、今でもLINEでメッセージをやり取りしている。開会式で会うと根本投手は「150キロってどうやって投げられるの」と質問をすると、及川投手は「わからない」と一蹴したという。負けん気が強く同じ2年生投手のライバルに刺激をビンビン受けている。その刺激が大きいほど伸びていく投手だろう。

来年のドラフトでは、及川投手や西投手などとともに指名されるのは間違いない投手だろう。

夏の甲子園(2018)の見どころ~その3~ 注目される1,2年生 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

2019年度-高校生のドラフト候補リスト

9回1死一塁ではストレートの四球。「クイックの時に課題が出た」とまだ粗さをのぞかせるが、連日輝く2年生の原石にプロも黙っていない。日本ハム・岩舘スカウトが「球質が強い。ひと冬越えたら、150キロを超えてくる」とうなれば、楽天・長島スカウト部長は「あのボールを見たら『おぉ』となる。これからが楽しみ」と絶賛した。

「1球投げたら“ワァーッ”とすごい歓声で、球速を見たら148キロ。あとで149キロ出たと聞いて、150キロを、と思った。でも、クイックで体が開いて(制球が)不安定だった」

星稜・奥川が150キロ、創志学園・西が149キロを出したのに続き、またも2年生の本格派出現。「大台」に向けて「あと1キロなので出したい」と意欲を口にした。


PAGE TOP