横浜高校・平田監督は「及川をもう一度、甲子園のマウンドに」

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

センバツの出場候補・横浜高校は、平田監督が「及川をもう一度、甲子園のマウンドに立たせてやりたいし、全国のみなさんに見てほしい」と話した。

厳しい状況

平田監督は「厳しい状況は理解しています」と話したが、「期待してしまう面もある」と正直な気持ちを話した。そして、エースの及川雅貴投手の名前を挙げ、「甲子園のマウンドに立たせてやりたい。全国の皆さんに見てほしい」と話した。

及川投手は最速153キロの速球を投げる左腕で、昨年秋はスライダー以外の変化球を封印し、41回1/3を投げて59三振を奪った。しかし昨年夏の甲子園では花咲徳栄戦で先発をし、6回1/3を投げて8奪三振も、7安打に4四死球を与えて4失点と本来の投球ではなく、奥川恭伸投手や西純矢投手のように大きく注目される事にはならなかった。

今年は高校BIG4として注目され、プロ志望をすればドラフト1位指名はほぼ確実という状況にはなっていると思う。ただしBIG4でいくと157キロの佐々木投手や、明治神宮大会で松坂クラスの投球を見せた奥川投手の方が先に名前が出てくる。153キロの速球を投げ、コントロールも悪くない及川投手の評価を上げるためにも、全国の舞台で良い投球を見せたい。

BIG4では星稜の奥川投手は出場が確実、創志学園の西投手は四国ベスト4で候補に残っているもコールド負けでのベスト4となっている。横浜高校もコールド負けのベスト8で同じような状況にある。ただし横浜高校はここ10年で2度、ベスト8からの選出をされており、積み重ねた実績や選手個々のレベルの高さが選考に影響も与えている。

センバツ出場発表は15時から、ドラフト会議ホームページでは出場が決まったチームの注目選手などをいち早く紹介します。

2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト
横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

春夏通算5度の甲子園優勝を誇る横浜が、またまた滑り込みの吉報を待つ。平田徹監督(35)は「厳しい状況は理解していますが、期待してしまう面もある。及川をもう一度、甲子園のマウンドに立たせてやりたいし、全国のみなさんに見てほしい」と願いを込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント