夏の高校野球・ 長崎大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

深見直人, 後藤遼介, 石田穂高, 西山将太, 太田勇新, 磯木蒼太朗, 太田弘海, 徳留裕翔, 中尾雄大, 藤田宗純, 松尾力基, 大久保明慶, 枡屋優太郎, 藤本駿一, 松永知大, 鴨打瑛二, 作本想真, 山科颯太郎

夏の高校野球・長崎大会が7月11日に開幕する。140キロ中盤の速球を投げる投手が多く、投打に将来が楽しみな選手がたくさんいる。地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年は創成館の川原陸投手が阪神のドラフト5位で指名された。

九州文化学園の山科颯太郎投手は170cmと上背はないが投げるストレートは146キロを記録し、鋭い縦のスライダーがあり、さらにチェンジアップやカーブなどの変化球もキレイにタイミングを外すことができる。春には8回途中までノーヒットノーランを継続するなど、乗ったら止まらない。

大村工の2年生・作本想真選手は何よりスケールが大きい。体は187cm88kgあり、投げては139キロのストレートを投げおろすと、打っては140m級の打球を飛ばす。投手としても十分期待できるが、スラッガーとしてどこまで伸びていくのか分からない。非常に楽しみな存在。

創成館の1年生・鴨打瑛二投手は195cmの左腕投手で球速も135キロを記録する。まだ四球も多いが、思い切りの良さ、度胸の良さを見せてランナーを背負っても三振でピンチを切り抜ける。カーブ、チェンジアップにフォークも投げられ、将来が非常に期待される。創成館では同じく1年生の松永知大選手も、創成館史上NO.1の選手と評価される。174cmと大きくないが抜群のスイングスピードを持つ。

その他の選手

長崎商の藤本駿一選手は181cm86kgの体がある内野手で、投げても143キロを記録。4番を打つスラッガーでもあり、大学などで成長が期待される。同じく長崎商はエースの枡屋優太郎投手も170cmながら141キロの快速球を投げ、カーブ、スライダー、シュートなど多彩な変化球を低めに投げ分けられる。

創成館は深見直人選手は176cm100kgの体から持ち前のパンチ力を見せる。大久保明慶選手は186cm80kgの1番バッターで長打力も抜群。2年生の松尾力基選手は走攻守そろった内野手としてセンスの良さを十分みせているが、3年までにさらに名を挙げておきたい。

長崎日大の藤田宗純投手は回転の良い140キロの球を投げ、制球力も素晴らしい投手。中尾雄大投手も180cmの上背があり、こちらはチェンジアップで打ち取る投球を見せる。長崎総科大付の徳留裕翔投手も、回転の良い球と制球力が評価され、球速も140キロも記録する。清峰の太田弘海投手は130キロ後半の速球で押すピッチングを見せる。長崎南山の2年生・磯木蒼太朗投手は177cmの右腕で140キロを記録、1年秋に長崎県大会を制した右腕投手。

海星の太田勇新選手は181cm81kgの捕手で、大きな体から素早いフットワークで、セカンドへの速い送球を見せる。鎮西学院も1年生からマスクを被った西山将太捕手が3年生になり、ミット・肩で太田選手と互角と評価される。九州文化学園は、後藤遼介選手が強いスイングだがアベレージが高く、石田穂高選手も左右にヒットを製造し続ける。木崎陸選手も巧打を見せ、真弓大翔選手は50m5.9秒の足がある。面白い選手が並ぶ打線に注目したい。

優勝予想

昨年夏は創成館が長崎商を下して甲子園出場を決めた。秋は長崎南山が優勝し、準優勝は長崎商。春は長崎商が優勝を果たし、準優勝は九州文化学園だった。

選手層の厚い創成館は常にマークされるものの、総合力と悔しさのバネでは長崎商が一歩リード。投打がそろう九州文化学園や長崎南山が追う展開か。大村工は作本選手の力で一気に行くかもしれず、長崎日大や清峰、佐世保実、海星などの実力校、そして長崎総科大付なども投手力で上位に上がってくるかもしれない。

2019年度以降-高校生-長崎県のドラフト候補リスト


PAGE TOP