抜群の身体能力、智弁和歌山の細川凌平選手に阪神スカウト「センスがある」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

昨年のドラフト会議で黒川史陽選手が楽天の2位、東妻純平捕手がDeNAの4位で指名された智弁和歌山、今年も小林樹斗投手、そしてショートに転向した細川凌平選手のドラフト会議での指名が予想される。

ショートに転向

細川凌平選手は中学時にショートを守っていたが、智弁和歌山では黒川史陽選手、西川晋太郎選手というずば抜けた二遊間がおり、外野手としてデビューをする。それでも50m5.8秒の足と思い切りの良い打撃で、1年生の春には既に注目選手となり、その夏の甲子園でベンチ入りをした。

2年生のセンバツでは1番センターで出場してベスト4入り、夏は2番センターで出場した。黒川、東妻、西川が5大会連続甲子園出場を達成し、細川選手もそれに続く予定だったが、センバツは中止となった。それでも記録的には出場したこととされ、4大会連続甲子園出場中となっており、この夏に5大会出場を目指す。

その細川選手は昨年秋の大会後に、満を持してショートに転向をした。西川、黒川が引退した事もあるが、細川選手は「自分自身の幅を広げるというか、内外野どちらもできるというようにした方が、将来の自分の目標だった里、次のステージに行ったときにそれが生きてくるかなと思うので。チームにもプラスになりますし」と話し、プロ入りをしっかりと見据え、中谷監督の意向を受け入れた。

抜群の身体能力と野球センスの良さは多くの人が評価する。阪神の渡辺スカウトも「センスがあるし、ショートをやる事でまたどうなるか楽しみ」と話す。他のスカウトもショート細川の可能性に注目をしている。センバツでそれを見られなくなり、ドラフト前に見られるとしても夏の短い期間でとなるが、多くのスカウトが注目をしていると思う。

内野のグラブを黒川選手から譲り受け、「ドラフトの日は僕も熱く燃えるものがありました。中学に入るくらいから高卒でプロに行くというのが、明確な目標なので」と、今年のドラフト会議でのプロ入りへの想いは強い。「早く全国レベルというか、日本一のショートになれるようにという気持ちでやっています」と、ショートの練習に取り組む。

細川選手については、ドラフト会議での指名はほぼ間違いない所にいると見ており、身体能力の高さでは一昨年の小園海斗選手(広島ドラフト1位)、昨年の森敬斗選手(横浜DeNAドラフト1位)に匹敵するものを持っていると思う。もし今年、U18代表があれば、昨年の森選手のように評価をグンと挙げることができるかもしれない。

細川選手のショートの守備を見れるだけでも、夏に高校野球をやる価値は非常に高い。どうにか新型コロナウイルスが収まり、夏の高校野球ができるようになってほしい。

智弁和歌山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2020年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

細川、デキる男 高卒プロへ逆算コンバート デイリースポーツ紙面 2020/5/1

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント