西東京都高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

西東京都高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

東海大菅生の杉崎成選手は、高校通算49本塁打のを打つ内野手で東京NO.1スラッガー。痛烈な打球は相手野手に恐怖を与え、外野のネットも突き破る勢いを見せる。

創価高校の森畑侑大投手は、183cmから145キロのストレートを投げ、大きく沈むフォークボールも良く将来性抜群。こちらも東京NO.1投手だろう。

その他の選手

昨秋に大会出場を辞退している早稲田実は、隠された選手が多い。宇野竜一朗投手は182cmの本格派右腕で昨年は脆さもあったが力強い球を投げていた。佐渡楓選手は内野ゴロを打てば一塁げギリギリセーフになるような抜群の足を持つ。昨年から抜群の勝負強さを見せてていた梅村大和選手はサードの守備も打撃も良く、190cm110kgの西口純生選手も体通りの迫力ある打撃を見せる。

東海大菅生も168cmながら149キロの速球を投げる藤井翔投手、重い球を低めに突き刺す広瀬楽人投手、左腕で135キロの速球と変化球を織り交ぜる新倉寛之投手がおり、長打のある森下晴貴選手も主軸を打つ。

日大三は、140キロを記録する三塁手の柳館憲吾選手が強肩強打で二刀流としてプレーし、投手では141キロの速球にスライダーを武器とする児玉悠紀選手、打者では先日の帝京との試合で1本塁打5打点を記録した難波研伍選手、バットコントロールが良く広角にヒットを打つ渡辺達夫選手がいる。

夏の甲子園交流戦に出場する国士舘は、今年もしっかりと勝つ野球のできる選手が集まる。中西健登投手は185cmの右腕だが昨秋の準決勝、決勝で2完封、制球力の高さを生かしてテクニカルな投球をする。185cmの大型遊撃手・鎌田州真選手もヒットをしっかりと打てる技術があり、1年時から活躍して注目された主軸の黒澤孟朗選手も右に左に勝負を決める打球を打つ。捕手の吉田健吾選手も遠投100mの強肩が光る選手でも179cm83kgと体もある。

他に投手では、八王子実践の後藤結人投手が182cmから144キロの速球を投げ、昭和第一学園の館慎太郎投手も182cmから141キロの速球を投げ、共にバランスも身長もある右腕として関東屈指の存在。

日大鶴ケ丘の荒沢尚太郎投手が130キロ中盤の力のある球を投げ、明大中の八王子の江口陽太投手も気持ちの強い投手で、ランナーを背負っても粘りの投球を見せる。八王子高校の北澤壮汰投手は177cmの左腕で、130キロ中盤の速球で昨夏は7回1安打13奪三振の快投を演じている。

野手では日大二の折笠利矩選手が強打でチームの中心的な役割となり、投げても器用なピッチングを見せる。また戸谷進太郎選手は一発のある迫力あるスイングを見せる。創価高校も出塁率の高い島本康平選手や外野手として広い範囲を守る谷藤大二郎選手が注目される。早大学院の山縣秀選手も打球に反応の良い遊撃手。

また2年生では、1年時はお預けとなっている早稲田実・清宮福太郎選手のデビューが楽しみ。181cm95kgのスラッガーで、少年野球時はホームランを量産している。国士舘の清水武蔵選手も遠投110mの強肩で外野を守るが、捕手に転向する予定がある。林悠永選手も1年秋に1番バッターとして安打製造機ぶりを見せた。日大鶴ケ丘の木村颯介選手も50m6.0秒の俊足を見せている。

1年生でも日大三の浅倉大聖選手、東海大菅生の福原聖矢選手は、U15代表メンバーに選ばれた選手で、活躍が注目される。

2020年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント