東海大甲府・渡部海夢選手が高校通算21号場外弾で山梨制す

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

東海大甲府は、プロ志望届を提出している渡部海夢選手の場外ホームランで、山梨学院の5連覇を阻止し優勝した。

スポンサーリンク

3歳からの夢

4-4の7回1アウト、打席立ったのは渡部海夢選手。宝塚リトルでは小園海斗選手(2018年・広島ドラフト1位)の2つ後輩で、東海大甲府では1年の秋から試合に出場している。先日、プロ志望届を提出した選手だ。

渡部選手は真ん中の甘いストレートを振りぬくと、打球はライト後方の林に飛び込む場外ホームランとなり、これが決勝点となって東海大甲府が5-4で勝利した。山梨学院の5連覇を阻んだ。

このホームランには高橋周平選手などを育てた村中監督も。「場外は見たことがない。周平よりも凄い」と話した。渡部選手は「本当にうれしい。ホームランは狙っていなかったけど、つなげばなんとかなると思った。一番の感触でした」と話した。

これで高校野球が終わる。次の目標に向けて渡部選手は「3歳から野球をやってきて、プロは夢なので実現させたい。小園さんのような選手になりたい」と話す。今後、プロ志望高校生合同練習会などでプロへのアピールをし、秋のドラフト会議に臨む。

山梨県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C
山梨県高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年高校生プロ志望届提出選手一覧
高校生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴や簡単な紹介です。8月13日に17名が追加され合計78名になりました

「3歳から野球をやってきて、プロは夢なので実現させたい。小園さんのような選手になりたい」と渡部。この夏は地方大会を制しても踏めない甲子園の土は、プロ野球選手となって踏みしめる。

4―4で迎えた7回1死。主砲は左腕・宮下龍希(2年)の投じた甘い直球に反応した。打球は両翼92メートルの球場の右翼後方の林へ。「場外は見たことがない。(中日の高橋)周平よりも凄い」と数多くのプロ選手を輩出してきた村中秀人監督も目を丸くした高校通算21号の決勝弾だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント