山梨県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

山梨県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

山梨学院の小吹悠人選手は、180cm81kgの大型遊撃手で、安定感ある守備は捕球をしたらアウトという安心感を与える。派手さでは他の遊撃手の方が注目されるが、難しいプレーを簡単にこなす優秀さがある。投手として投げても140キロを記録する強肩に注目したい。

山梨学院では栗田勇雅捕手も1年生からマスクをかぶった。肩も配球も良く、もう一つ特徴となるプレーが見られれば楽しみ。主軸として出場するようになり打撃も力強くなっている。

帝京三の一柳佑太投手は、185cm86kgの大型右腕で最速は145キロを記録する。投球しただどんな球を投げるのか注目したい。

その他の選手

山梨学院では、甲子園も経験している功刀史也選手が走攻守にレベルの高いプレーを見せる。安心して1,2番に起用できる選手。河野修慈選手は189cm89kgの大型選手で、昨秋の山梨大会決勝で10回に代打で登場し2ランホームランを放った。打線にいると怖い選手。また投手としても角度のある球を投げ、ポテンシャルに注目したい。

エースの吉川大選手は181cm80kgの大型左腕投手、球速は130キロ前半で変化球を低めに集めて抑えるタイプだが、球速アップも期待したい。また実績は少ないが190cm92kgの右腕・渡辺日向投手も130キロ中盤の球を投げる。

他にも、小柄ながら遠投95mに50m5.9秒を記録する渡辺嵩馬選手や、遠投110mの強肩と50m6.0秒の俊足・下野けんぞう選手など、遠投100m前後で50m6.0前後で走る選手が、外川温大選手、松村駿選手などたくさんいる。

野手では東海大甲府の伊達大我選手が1年生からショートを守り、小吹選手と山梨NO.1遊撃手を争う。渡部海夢選手は中学時代に小園選手の後輩で、1年秋からスタメンに出場をしている。昨秋は4番として3本塁打を放つ長打力を見せている。

駿台甲府の藤澤潤哉選手は2年秋に打率7割越え、長打も打てる選手で注目される。甲府商の米永涼斗選手も昨秋の2回戦で1本塁打3三塁打など5安打を記録した爆発力のある選手。加藤大河選手も投打にパワーを見せる。

日本航空の鈴村亜久里選手が昨秋にランニングホームランを見せ、名前通りのスピードを見せた。主軸の笹川虹太朗選手はチャンスに強く、スイングスピードチーム1の西川泉選手も長打を見せる。帝京三の小林健人選手も強打でしっかりと打点を挙げる。

甲府工業の小林秀幸投手は身長がある投手で、バッターの近くでリリースして球速以上のスピード感ある球を投げる。山村貫太選手は1年時の公式戦デビューで満塁ホームランを放った選手。父や元楽天の山村宏樹投手。甲府城西の雨宮康大選手は、力強いスイングで長打を打ち、遠投95mの肩も良い選手でチームの主将。

投手では駿台甲府の大須賀秀人投手が、180cm80kgから140キロの速球を投げ、大きく縦に割れるカーブを投げる。左の藤井貴也投手も130キロ中盤の伸びのある球を投げる。富士北陵の古西祐羽投手は137キロのキレのあるストレートが特徴で、昨年夏の1回戦で14奪三振を記録した。

日川高の一瀬航大投手は180cm85kgと体がある右腕で140キロを記録する。強打の外野手として活躍が目立ち、長打と強肩を見せる。山梨農林の丸木玲史投手は真っ向勝負でガンガンする右腕。

2020年度以降-高校生-山梨県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント