市和歌山・小園健太投手が149キロ13Kの快投、DeNA、楽天など4球団視察し「奥川クラスになる」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

市和歌山はこの日、関大北陽と今年最後の練習試合を行い、来年のドラフトの目玉、152キロ右腕の小園健太投手が9回で13三振を奪う好投を見せた。4球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

3イニングで三者連続三振

小園健太投手が先発をすると、初回は三者凡退で落ち着いた立ち上がりを見せる。そして2回、4回、5回には三者三振を奪うなど一気にギアを上げると、その後は変化球を増やして打たせて取った。9回を投げて6安打13奪三振2失点で完投し16-2で大勝した。

最速は149キロを記録、「今年最後なので気合が入ってちょっと飛ばしすぎた」と話したものの「6回ぐらいから変化球を多投してうまくかわせたと思う」と得意の2種類のツーシームとカットボールを交える投球に、自身も評価できる投球だった。

この日は4球団が視察をした。

DeNA・安倍スカウト「いまの時点で、あれだけの種類の変化球をここまで器用に投げ分けられる投手はなかなかいない。完璧です。真っすぐももっといけると思うし、いま以上のスピードが出たら打てないですよ。直球の質が上がれば、間違いなく上位候補。今年のドラフトに入っても、高校生では1位クラス」

東北楽天・愛敬アマスカウトグループマネージャー「変化球が多彩で、全部のキレ、制球がいい。一冬越えれば、奥川クラスのすごい投手になれる」

この日で練習試合は終わり、これから冬のトレーニング期間に入るが、「真っすぐの質を見つめ直したい。初回から飛ばしても、息切れしないスタミナをつけていきたい。アベレージで145キロ~140キロ後半を投げられるようにしたい」と、後半でも140キロ中盤から後半の球速を安定して記録できるようにすると誓った。

来年のドラフトの目玉クラスの投手になることは間違いないと見られる。

また、市和歌山ではプロ注目の松川虎生捕手がこの日もソロホームランを放ち、6打数3安打1打点と活躍を見せた。これで高校通算31本とし来年へと向かう。

2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

DeNAの安部スカウトは「いまの時点で、あれだけの種類の変化球をここまで器用に投げ分けられる投手はなかなかいない。真っすぐももっといけると思うし、いま以上のスピードが出たら打てないですよ」と大絶賛。また、小園を中学時代からリードしている松川に対しても「リードもうまいし、バッテリーで評価できる。(打撃も)打つ雰囲気がありますね」と高評価した。

この日は4球団が視察し、DeNAの安部スカウトは「直球の質が上がれば、間違いなく上位候補。今年のドラフトに入っても、高校生では1位クラス」と絶賛した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント