高校生日本代表候補28人を選出

 高校野球連盟は8月30日から9月8日に行われるU18世界野球選手権大会の日本代表として選抜大会に出場した選手から一次候補28人を選出しました。選出された選手を以下にまとめました。

ポジション 選手 守備 特徴 短評 評価
投手 城間竜平 光星学院 3年 171cm75kg 右右 171cmと小柄で野手投げだが制球良くコーナーに投げられる
MAX138km/h。普段はセカンドを守る
大谷翔平 花巻東 3年 191cm80kg 右左 151km/hのストレート魅力。
選抜では初戦敗退も素質の高さを見せた。
特A
佐藤拓也 浦和学院 3年 171cm73kg 右左 昨年までエースも50m6.0秒の俊足と強肩で外野の要
センバツでは再び投手として好投
B
柳裕也 横浜 3年 182cm77kg 右右 切れのある速球で1回戦3安打完封 A
中村祐太 関東一 2年 181cm75kg 右右 130km/h中盤も角度のあるストレートは外角低めに集まる
1回戦2安打完封、智弁学園、横浜も抑えた。
A
濱田達郎 愛工大名電 3年 181cm86kg  147km/hの直球で秋季大会は2回のノーヒットノーラン
センバツでは140km前後だが質の高い球を見せた。
特A
藤浪晋太郎 大阪桐蔭 3年 197cm86kg 右右 197cmの長身から153km/hを記録するエース。
5試合全てで150kmマークでセンバツ優勝投手!
特A
青山大紀 智弁学園 3年 182cm72kg 右左 昨夏甲子園ベスト8のエース、148km/hのストレート魅力
センバツでは不調だった
A
大塚尚仁 九州学院 3年 174cm70kg  女満別戦で6安打10奪三振の左腕 C
捕手 田村龍弘 光星学院 3年 172cm78kg 右右 小柄だが飛距離十分のパワーで中学時代65本塁打。
高校でも1年から主軸を打ち通算28本塁打。プロ注目
A
長坂拳弥 健大高崎 3年 173cm70kg 右右 キャッチングとフットワークが良く、走れる捕手 C
森友哉 大阪桐蔭 2年 171cm80kg 右左 50m6.2秒の俊足で1番打者、甲子園でホームランも A
中道勝士 智弁学園 3年 172cm72kg 右左 小柄だが通算23本塁打の強打の一番バッター B
内野手 山内達也 横浜 3年 183cm86kg 左左 横浜の4番を打ち、13打数4安打2打点、2ベース2本 C
小保根誠 履正社 3年 177cm72kg 右右 履正社の4番を打ち、7打数3安打3打点 C
木村斗史稀 愛工大名電 3年 166cm68kg 右左 履正社戦で4打数4安打、3試合で14打数8安打の1番 B
藤原隆蒔 近江 3年 177cm71kg 右右 1回戦は1塁打2塁打3塁打、2回戦で本塁打、
7打数4安打4打点の4番打者
B
笠松悠哉 大阪桐蔭 2年 177cm73kg 右右 価値ある2本の本塁打にファインプレーのサード守備 A
北條史也 光星学院 3年 177cm73kg 右右 明治神宮大会でタイブレークからサヨナラ満塁弾。
主軸として遊撃手として申し分なし!
A
佐藤大将 愛工大名電 3年 172cm72kg 右左 11打数4安打も選球眼の良さを見せた。 B
溝脇隼人 九州学院 3年 177cm63kg 右左 1年生から遊撃手のレギュラーを獲得、巧打の1番 B
外野手 宍倉和磨 横浜 2年 168cm68kg 右右 12打数6安打2打点のリードオフマン、左右に打ち分ける B
竹内司 健大高崎 3年 178cm75kg 右右 警戒される中で初球に盗塁を決めるリードオフマン B
秋山翔太 関東一 3年 186cm77kg 右左 13打数5安打3打点、甲子園で1本塁打記録 B
萩原英之 九州学院 3年 177cm80kg 右左 10年夏の甲子園で清原以来の1年生4番の本塁打
藤浪と互角の勝負
A
小野耀平 智弁学園 3年 178cm75kg 右右 1回戦で3ラン本塁打を放つ。143km/hの投手としても期待 B
新納真哉 神村学園 3年 174cm68kg 右左 50m5.8秒の1番打者、7打数2安打 C
天久翔斗貴 光星学院 3年 166cm65kg 右左 22打数7安打、俊足強肩のライト C

PAGE TOP