千葉学芸・有薗直輝選手が1日2本塁打で高校通算69本塁打、ソフトバンクが評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

千葉学芸が駿台甲府、八王子実践と練習試合を行い、プロ注目の有薗直輝選手がそれぞれの試合で1本塁打を放ち、高校通算本塁打を69本とした。

スポンサーリンク

2戦で9打数6安打5打点

止まらなくなってきた。この日の変速Wヘッダーの練習試合では、八王子実践戦、駿台甲府戦でそれぞれ右中間にホームランを放ち、9打数6安打5打点の活躍を見せた。

「軸足を中心に思いっきり腰を回せた。」と話した有薗直輝選手は、「本番でも打てそうな気がする」と千葉大会でもホームランを予告し、「目標は75発です」と話した。

この日は福岡ソフトバンクの福元スカウトが視察し、「体が大きく力もあるが、バッティングが柔らかくて器用」と評価した。福岡ソフトバンクは昨年のドラフト1位で右の大砲で三塁手の井上朋也選手を指名しており、今年のドラフト会議で有薗選手の指名の可能性は高くないと思うが、視察を続けている。

ここ最近は試合の毎にホームランのニュースが流れているくらい、勢いが止まらない。千葉大会の初戦は7月4日となるが、この日で高校生との練習試合は終わり、いよいよ最後の夏を迎える。

2021年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラ候補有薗、高校通算69発 スポーツ報知紙面 2021/6/28

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント