此花学院・福田真也投手、143kmマークも本塁打を浴び敗退

福田真也, 此花学院

 春季高校野球大阪大会では此花学院vs汎愛の試合が行われ、注目の153km右腕・福田真也投手が4点ビハインドの7回に登板すると2回を投げてホームランを浴び、2回1安打1失点。球速は143kmを記録し1三振を奪った投球にブレーブス・大屋スカウトは「いいものを持っている」と評価した。

  

  • 大阪府の高校生ドラフト候補一覧!
  • “最速153キロ右腕”此花学院・福田、一発浴び敗退…春季大阪大会 - 
    スポーツ報知
    :2012/04/30

     大阪府大会では、今秋ドラフト候補に挙がる此花学院の最速153キロ右腕・福田真也(3年)が4点ビハインドの7回から登板。昨年4月に倉敷(岡山)から転入し、今春から公式戦出場が可能になった怪腕は、ソロアーチを浴びるなど2回1安打1失点で姿を消した。センバツ優勝の大阪桐蔭は天王寺を10―0の5回コールドで下し、順当に4回戦に進出した。

     昨夏の練習試合で153キロをマークして注目を集めた此花学院・福田は、1三振1四球。「投げ方に迷いがある」と唇をかんだ。冬に修正したフォームが固まらず、この日の最速は143キロ。それでもブレーブス・大屋スカウトは「いいものを持っている」と評価。4回戦で大阪桐蔭と当たる可能性があった181センチ、77キロ右腕は「夏に向けてやり直す」と悔しそうだった。


    PAGE TOP