東海大菅生が優勝しセンバツ当確、日當直喜投手が2試合連続135球完投勝利に日本ハムスカウト評価

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

秋季高校野球東京大会は決勝が行われ、東海大菅生の日當直喜投手の2日連続の完投勝利で二松学舎大付に勝利して優勝、センバツ出場を確実にした。

スポンサーリンク

2日連続135球10安打2失点

日當直喜投手は、前日行われていた準決勝の日大三戦で先発し、135球を投げて9回を10安打2失点に抑えて完投勝利を挙げていた。

そしてこの日、決勝の二松学舎大付戦でも先発をすると、2日連続で135球10安打2失点で完投し、見事に東京大会優勝を決めた。「うれしいです。疲れはあったけど最後は気持ちで投げることを意識した。つらい時は仲間が守ってくれると信じて投げました」と話した。

日當投手は190cm95kgの体から148キロの速球を投げる投手として、来年のドラフト候補として注目されているが、今大会は3回戦から4試合連続で完投し、この2日間で270球を投げて勝利するなどその無尽蔵のスタミナと、試合を作る粘るの投球を見せている。

若林監督も日當投手に「ダチョウ」とあだ名をつけ、「ダチョウは体力あるんですよ。回復力と免疫力がめちゃくちゃすごい。60キロで30分とか1時間走れる」と理由を話す。この日も「自分が投げきります」と監督に直訴して先発完投をした。

この日視察した北海道日本ハムの坂本スカウトは、「気持ち、気迫の投球に尽きる。今大会序盤の直球は138キロだったが、準決勝では最速145キロまで上がった。伸びしろがある楽しみな投手。本物のドラフト候補になれる」と評価する。

これから明治神宮大会、そしてセンバツ大会へとつながっていく。短い日程でのトーナメントに、今大会と同じように連投を考慮した投球になるかもしれないが、140キロ中盤から後半を投げる投球も見たい感じはする。

2023年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東海大菅生・“ダチョウ”日当直喜が連投270球「打てるもんなら打ってみろ」気迫の4度目V - 高校野球 : 日刊スポーツ
東海大菅生のエース日当(ひなた)直喜投手(2年)が、気迫の投球を見せた。前日の準決勝から連日の完投で、2日で270球を投げ抜き、8-2で二松学舎大付に勝利。2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

▽日本ハム・坂本スカウト(東海大菅生・日当について)「気持ち、気迫の投球に尽きる。今大会序盤の直球は138キロだったが、準決勝では最速145キロまで上がった。伸びしろがある楽しみな投手。本物のドラフト候補になれる」

東海大菅生の「ダチョウ」が甲子園へ 1メートル90右腕・日当が無尽蔵のスタミナで完投「日本一に」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 秋季高校野球東京都大会は13日、神宮で決勝が行われ、東海大菅生が二松学舎大付を8―2で下し、2年ぶり4度目の優勝。来春選抜出場に当確ランプをともした。エースの最速148キロ右腕・日当(ひなた)直喜(2年)は2日連続で135球を投げて10安打2失点で、連日の完投勝利を挙げた。同校は明治神宮大会(18日開幕、神宮)に出場...
東海大菅生Vセンバツ当確 4戦連続完投の日当「秋も春も日本一を」
秋季高校野球東京大会(13日、東海大菅生8-2二松学舎大付、神宮)東海大菅生が二松学舎大付に8-2で勝利、2年ぶり4度目の優勝を決め、選抜大会出場に〝当確ランプ…
東海大菅生が2年ぶり4度目Vでセンバツ当確…巨漢エース日当が10安打浴びながら連日135球完投
 東京都大会の決勝は、東海大菅生が12安打8得点で二松学舎大付を圧倒。2年ぶり4度目の優勝を果たし、来春のセンバツ出場を確実にした。190センチ、95キロの巨漢エース・日当(ひなた)直喜投手(2年)は
東海大菅生センバツ当確 日当2日連続「10安打2失点135球完投」/デイリースポーツ online
 「秋季高校野球東京大会・決勝、東海大菅生8ー2二松学舎大付」(13日、神宮球場) 東京大会は決勝が行われ、東海大菅生が2年ぶり4度目の優勝を果たし、来春センバツ出場に当確ランプをともした。連投となったエース右腕・日当直喜投手(2年)が前日の準決勝・日大三戦と全く同じ135球を投げ、10安打2失点で勝利に導いた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント