サンスポが23年ドラフト候補特集、高校生編を掲載

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

サンケイスポーツはこの日、「先取り、23ドラフト候補高校生編」の記事で24人のリストを掲載し、花巻東の佐々木麟太郎選手と日大藤沢の田上優弥選手を取り上げた。

スポンサーリンク

サンケイスポーツ「先取り、23ドラフト候補高校生編

リストに掲載されたのは下記の24人。

氏名チーム投打身長
体重

投手    
高橋煌稀仙台育英右右183/84C+
湯田統真仙台育英右左180/84C+
平野大地専大松戸右右181/84B+
伊藤充輝浦和学院左左175/72C+
月野龍浦和学院右右182/88B-
篠崎国忠修徳右右192/88B-
高橋蒼人帝京右右178/81B
杉山遙希横浜左左180/82B
東松快征享栄左左177/83A-
前田悠伍大阪桐蔭左左180/77A
     
捕手チーム投打身長
体重

尾形樹人仙台育英右左180/83C+
堀柊那報徳学園右右179/77B-
     
内野手チーム投打身長
体重

佐々木麟太郎花巻東右左184/115
山田脩也仙台育英右右176/70C+
佐藤志龍健大高崎右右176/76C+
金田幸大西武台右左173/80C+
緒方漣横浜右右169/69B
田上優弥日大藤沢右右180/76C
真鍋慧広陵右左189/91B+
佐倉侠史朗九州国際大付右左182/104B+
明瀬諒介鹿児島城西右右185/95B
     
外野手チーム投打身長
体重

三好元気聖光学院右右174/73C+
萩宗久横浜右右185/83B-
青山達史智弁和歌山右右184/83B-
     

佐々木麟太郎

佐々木麟太郎選手は中学時代に金ヶ崎リトルシニアで、大谷翔平選手も指導した父・大谷徹監督の指導を受けた。

「バッティングカウントではフルスイングをしなさいと。せっかく毎日バッティング練習をしているんだから、打席で後悔をしないように。空振りしようが三振しようがいい。」と、大谷翔平選手にも指導していたことを佐々木選手にも伝えていたという。

中学時代から圧倒的な体格があった佐々木選手だが、引っ掛けてもホームランになるパワーもあった。しかし、大谷氏は「逆方向への二塁打をたくさん打ちなさい」と話し、「右肩が開くとボールは飛ばない」と逆方向への意識も徹底させたという。

すでに高校通算106本を放ち、来年には清宮幸太郎選手の111本を超える事は確実で、その記録がどこまで伸びるかも注目だが、佐々木選手の逆方向への当たりを注目したい。

田上優弥

日大藤沢の田上優弥選手は、181cm80kgの大型遊撃手、50m6.3秒、遠投99mの肩があり、今夏も2年生ながらスカウトが注目していた。

センターから逆方向への打球を意識して打っている。また、左膝の故障などもあり、高校通算はまだ7本だが、パワーがまして逆方向でもフェンス付近まで持っていけるようになれば、本塁打数は一気に増えそうだ。

意識しているのは大阪桐蔭の小川大地選手だという。小川選手も182cmの大型遊撃手で、同じ右打ちの選手。「将来的に日本一の遊撃手」を目標とし、ライバルを意識しながら成長していく。

2023年ドラフト候補一覧
2023年のドラフト候補選手一覧です。2023年のサンケイスポーツ、スポーツ報知、日刊スポーツの1月新春の情報を反映しました。 皆様よりお寄せいただいたドラフト候補選手の動画とみんなの評価の選手を元に掲載しております。ぜひ、良い選手をご紹...
【〝先取り〟23年ドラフト候補】日本一の遊撃手目指す日大藤沢の田上優弥/高校生編
2023年注目のドラフト候補には、どんな選手がいるのか。第1回は高校生編。神奈川・日大藤沢の田上優弥内野手(2年)は日本一の遊撃手を目指す逸材だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント