済美1年生・安楽智大投手が145km、1失点完投勝利!

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 済美の驚異の1年生・安楽智大投手が準々決勝の松山商戦で先発すると、4安打8奪三振3四死球で1失点完投勝利を挙げた。初回に四球がらみで1失点をしたものの、その後は最速145kmを記録したストレートとこの試合に始めて投げたスライダーで松山商打線を抑えた。

 安楽投手は186cm90kgと超大型投手で済美高校に入学するとすぐに144kmを記録、早くも2014年のドラフトの目玉とも言われている。1年生で堂々のピッチングに、これから2年間、順調に大きく成長してほしいと願う。

 

1年生・安楽が1失点完投!済美4強 - デイリースポーツ:2012/07/26

 今夏ノーシードの済美が第2シードの松山商を破り、2年ぶり4強入りを果たした。背番号「18」の“スーパー1年生”安楽智大投手が4安打1失点で初完投。186センチ、87キロの堂々たる体格の1年生右腕が伝統校を力でねじ伏せた。安楽がシード校の松山商を相手に4安打1失点で9回完投。自己最速タイの145キロの速球を武器に8奪三振。チームを2年ぶり4強に導いた15歳は「今までにないくらい、いい投球ができました」と会心の笑顔で振り返った。

 

初回に四球絡みで1点を失ったが、きっちり修正。先頭を出さないように心掛けた二回以降はスコアボードに「0」を8個並べた。大会前から警戒していた松山商を撃破した安楽は「どこも気を抜けない打線で苦しい試合でした」と勝利に胸をなで下ろした。
全文はデイリースポーツのサイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント