城間竜平投手が7回3安打無失点!高橋大樹選手も2安打、パナマ戦8-0で勝利!

光星学院, 高橋大樹, 龍谷大平安, 北條史也, 笹川晃平, 浦和学院, 城間竜平

 18U世界選手権のパナマ戦、先発は城間竜平投手、最速は138kmながらインコースにコントロール良くストレートを突き刺し、打ってくるところをスライダーでかわす巧みなピッチングでMLBドラフトで3人が指名されているパナマ打線を手玉に取った。

 138kmだがスピードは遅く見えないキレのあるストレートで打者は次々と詰まらされ、バット3本を折った。抜群のコントロールについて「球のスピードでは(大谷、藤浪に)全然負けているけど、コントロールでは負けない」と言い切る。同部屋の大谷翔平投手からは「150kmをあげるからそのコントロールをくれよ」と望まれるほど。頼もしい3番手投手が日本にはいる。

 また8回から登板した大塚尚仁投手はカナダ戦の同点ホームランの後遺症は無く、9回は141kmのストレートで全て直球勝負し三者連続三振に斬って取った。プロ12球団が注目する大塚投手も活躍を続けている。

 打撃では5番に入った、高橋大樹選手が5打数2安打、打点は無かったもものチャンスを広げる活躍をすると、7番の笹川晃平選手が3打数3安打と固め打ちした。9番に降格した北條史也選手は3打数1安打1打点。バウンドが変わるラッキーなヒットだったがヒットを放った。

城間7回無失点、三振1個も快投 - サンケイスポーツ:2012/09/03

 18U世界選手権第3日(日本8-0パナマ、2日、ソウル)先発の城間(光星学院)が7回3安打無失点。奪三振は1と少なかったが、130キロ台後半の直球とカットボールで打たせて取った。1四球の右腕は「コースをつけた。大谷と藤浪に球速では負けるけど、自分には制球力がある」と誇らしげ。前夜は宿舎で同部屋の大谷から「打たれたら知らないぞ」とからかわれたが、好投で応えてみせた。

龍谷大平安・高橋5番で2安打 - デイリースポーツ:2012/09/03

 台湾戦で7番だったドラフト上位候補の日本代表・高橋(龍谷大平安)が5番に座り、5打数2安打の活躍をみせた。五回は右越え三塁打を放ち、笹川の右中間適時二塁打で4点目のホームを踏んだ。「1打席目が遊ゴロだったので逆方向を意識した。あそこまで飛んでくれたので大丈夫かなと思う」と手応えを感じていた。


PAGE TOP