夏の甲子園1日目の対戦カードと注目選手

第100回全国高校野球選手権大会がいよいよ開幕!1日目の対戦カードと注目選手です。

1日目

第1試合

藤蔭高校
市川晃大3年
175cm75kg
右右
右のスリークォーターからよく曲がらう変化球とキレの良いストレート
3年夏の大分大会決勝では柳ヶ浦高校を8安打完封と粘りの投球
B-
奥園颯3年
176cm82kg
右右
どっしりと打席に立ち、逆方向にも飛距離がでる。
チームの4番として着実に打点をあげる
B-
吉村紘輝3年
187cm90kg
右右
大型右腕、130キロ中盤の速球とスライダー、カーブを投げる B
御手洗孝紀3年
165cm68kg
右左
大分大会で打率.471 B-
星稜高校
内山壮真1年
172cm72kg 右右
走攻守三拍子揃ったキャッチャーとショートを守る選手
中学時に捕手としてU15代表に出場、172cmと上背は無いもののアジア選手権ではホームラン王とベストナイン。また全日本軟式野球大会では2016
B+
寺西成騎1年
186cm79kg 右右
最速141キロを誇る本格派。
炎の体育会TVで阪神タイガース・福留孝介と対戦し、見事に空振りを奪う。
B+
奥川恭伸2年
181cm78kg 右右
MAX147キロ
最速146キロのストレートとスライダーが武器の投手
安定感があり北信越大会では奪三振11.25
与四球率0.9と制球力もある
A
東海林航介2年
180cm72kg 右左
180cmの遊撃手で、50m5.9秒の足がある。
1年秋にはレギュラー遊撃手となっており、打撃、守備での成長が期待される。
B+
山瀬慎之助2年
176cm83kg 右右
中学時代に奥川投手とバッテリーを組み、全中で優勝した。
遠投120mの強肩で座ったままからの送球なども見せる鬼肩。
星稜の林監督も「20年近く見てきた中で間違いなく肩は一番」と評価する。
B+
寺沢孝多2年
173cm65kg 左左
キレの良い球を投げる左腕で、2年春のセンバツでベンチ入りすると、その後は左腕投手として急成長をしている。 B-
竹谷理央3年
173cm78kg 右左
注目
星稜高校の4番で投手、身長は低いが投げっぷりの良さをマウンドで見せ、守備力も高い投手。
打っても投球に柔軟に対応でき、広角にヒットを打てる。
B
南保良太郎3年
175cm74kg 右左
注目
星稜の1番バッターだが強打で、打席で大きく見える。
スイングが鋭く打球が伸びる。
B

 

第2試合

済美高校
山田響1年
169cm73kg
右右
1年夏の大会で準決勝でホームランを放つ
入学当初から150キロの球を打つ練習をし、監督からも期待をされている。
B
池内優一3年
180cm84kg 右右
大型内野手としてプレー、足もあり外野も守れる
打撃も柔軟に対応できる能力がある。
B
山口直哉3年
171cm67kg 右左
上背はないものの142キロの力のある球を投げ、2年秋は公式戦すべての試合に登板した。身体に秘めたパワーとスタミナを感じさせる投手。 B
山本竜介1年
182cm74kg
右右
182cmの選手、1年夏甲子園ベンチ入り  
中央学院高校
青木優吾1年
170cm63kg
右右
中央学院高校では1年夏に、準決勝の習志野戦でプロ注目の古谷拓郎投手から、サヨナラホームランを放った。
東京北砂リトル時代に清宮幸太郎(現日本ハム)の弟・福太郎とリトルリーグワールドシリーズに出場
B
大谷拓海3年
180cm70kg 右左
MAX145キロ
高校1年で180cmから130キロ中盤の速球を投げ、秋の関東大会では初戦の市川戦で9回2/3までノーヒットに抑える圧巻のピッチング、9回1安打完封で勝利した。 B+
池田翔3年
180cm76kg 右右
元々は内野手も強肩を買われて1年生の冬に捕手に転向した。
2年秋は打率.370、10打点を挙げ、50m6.2秒の足で14試合で6盗塁を決めた。
大谷投手をリードし関東大会優勝にも導いている。
B
畔柳舜3年
182cm70kg 右右
182cmから130キロ中盤の速球と、得意のシンカーを投げ、安定したピッチングを見せる。
左バッターを得意とし、左の多い打線との対戦では先発する。
B
田中大輝3年
168cm68kg 右左
抜群の俊足を持ち、2年生秋は公式戦14試合で8盗塁、練習試合を含めると66試合で37盗塁を記録した。2番バッターとして公式戦打率.415も記録し、チームを引っ張る。 B
宇田周平3年
168cm69kg 右左
中央学院高の1番バッターを任される。遠投113mの強肩でセンターからの送球も注目。 B-
西村陸3年
172cm70kg 右右
50m5.9秒の俊足外野手で、投手として登板するとサイドハンドからバッターのタイミングを外すピッチングで安定感を見せる。
2年秋の関東大会で、強打の東海大相模を相手に9回2失点完投勝利を挙げている。
B-
平野翔3年
168cm65kg 右左
ショートとして安定感ある守備を見せ、2年秋はノーエラー。
地道な守備練習で磨かれてきた技術に注目。
B-

 

第3試合

慶応義塾高校
広瀬隆太2年
180cm78kg 右右
2年春のセンバツで9回2アウトから代打で登場し三振に倒れた
それからさらに打撃の練習に励み、春季大会では2年生ながら4番を任されると、相模原戦で3ランホームランを放った。
B
下山悠介3年
176cm74kg 右左
高校1年から慶應義塾の1番に座る好打者。 B
生井惇己3年
175cm71kg 左左
しなやかな腕の振りから伸びの良いストレートと止まるようなチェンジアップを投げる好投手。 B
渡部淳一3年
173cm61kg 左左
キレが良いボールを投げるサウスポー! B
宮尾将3年
169cm64kg 右左
野球センス抜群の選手だよ。 B-
中越高校
坂井翔太3年
176cm72kg 右右
遊撃手として強肩やフットワークの良さを見せ、打撃でも3年春の新潟大会で1試合2本塁打
複数のプロ球団が注目
B+
山田叶夢3年
171cm74kg 左左
140キロのキレの良いストレート見せる左腕
3年春は故障に苦しんだが、夏の復活目指す。
B
山本雅樹3年
178cm77kg 右右
140キロの切れのある球を投げる右腕
新潟では日本文理・鈴木投手のライバルで、2年秋は日本文理から12奪三振
B
広瀬航大1年
176cm66kg
右左
1年生でセカンドレギュラー
新潟大会打率.500
B
佐藤旦有夢1年
179cm75kg
右右
中学時シニア日本代表
投手と遊撃手の二刀流
B+

PAGE TOP