中央学院・大谷拓海選手が打者でプロ志望表明

大谷拓海, 中央学院高

夏の甲子園初日で済美に敗れた中央学院、主砲で二刀流の大谷拓海選手は、打者でプロ志望の意志を表明した。

3打数ノーヒット1打点

この日は4番ライトで出場すると、初回に得意の逆方向のレフトへ深々とフライを打ち上げ、犠牲フライでサードライナーを返した。

しかし、その後は低めの変化球にフルスイングを続け、3打席で2つの三振をした。8回もチャンスの場面でボールの見極めをわざとしないかのように、低めのボール球の変化球をフルスイングした。試合は4-5で敗れ、初戦で敗退した。

センバツではエースとして登板したが、頭部に打球を受けた影響もあり、この甲子園で再び登板する事も期待されたが、結局登板することなく高校野球を終えた。

試合後に大谷選手は、プロ志望届について聞かれると、「出したいと思います。」と話した。そして「打者としていきたい。投手は、自分よりも速い球を投げる投手はたくさんいると思うので。打者にしようと思いました」と話し、プロ野球では打者としてプレーすることを明らかにした。

投手としては将来性はありそうだったが、ケガをしたこともあり、心はすでに打者1本で決めていたのかもしれない。昨年秋の明治神宮大会でのホームランなど、打者としての評価が高く、今後、プロのスカウトは中央学院で練習をする大谷選手をチェックし、ケガの影響や打者としてのステップアップを見て、ドラフト会議での指名を決める。

左のスラッガータイプとして、大谷だからというわけではないが、北海道日本ハムが指名しそうな選手だと思う。今後に注目したい。

2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-千葉県のドラフト候補リスト

試合後、今後の進路について「(プロ志望届は)出したいと思います。打者としていきたい。投手は、自分よりも速い球を投げる投手はたくさんいると思うので…。打者にしようと思いました」と、打者としてのプロ志望を表明した。


PAGE TOP