センバツ出場、注目の新2年生たち

松本隆之介, 細川凌平, 栗田勇雅, 寺西成騎, 内山壮真, 荻原吟哉, 来田涼斗, 中森俊介, 度会隆輝, 奥村真大, 中村敢晴, 鎌田州真, 阿部剣友, 木下幹也, 田淵一樹, 小深田大地, 平安山陽, 黒澤孟朗

センバツには新2年生にも注目選手がいる。主な選手を紹介します。

2020年目玉候補

星稜の内山壮真選手は入学してから夏まで公式戦でヒットを打ち続けた打撃があり、昨年夏の甲子園で1年生でショートで好プレーを連発、同世代でも格の違いを見せている。2020年ドラフトでは根尾・小園のようにショートで1位指名がありそうだ。また星稜では寺西成騎投手が186cmから143キロの速球を投げる右腕、荻原吟哉投手も上背はないが130キロ後半の速球を投げ、中学時代は全国制覇、U15代表を経験している。

明石商は昨年夏の甲子園でリリーフで登板して145キロの速球を見せた中森俊介投手が注目される。181cmの本格派右腕で質の良い球も注目、また明石商では来田涼斗選手も注目、甲子園では1番バッターとして4打数2安打を記録し、さらに長打力を伸ばしている。

横浜高校には3人の目玉候補がいる。度会隆輝選手は昨年夏に代打などで登場するとほぼ確実にヒットを打った選手で天才と呼ばれた。卓越した打撃が特徴だが元プロの父譲りの身体能力の高さもある。松本隆之介投手は186cmの左腕投手で1年生で147キロを記録、秋は登板はなかったようだが及川投手以上になる可能性も秘める。木下幹也選手も184cmから144キロを投げる1年生で、打撃でもそのセンスが注目される。

履正社の小深田大地選手は、176cm89kgの体があり、左打席で落ち着いた雰囲気で打席に立つと、鋭いスイングでライトスタンドに放り込む。チャンスに強い打撃もあり、安田2世と呼ばれる。また田淵一樹投手は188cmの1年生で142キロを記録している。センバツで登板をしたら注目される。

智弁和歌山の細川凌平選手もスーパー1年生として入学した春に注目された。昨夏の甲子園は代打で1打席だけで三振に終わり、対戦した近江の1年生・土田龍空の活躍を見せられた。飛躍を目指す一人。

その他の注目選手

札幌大谷の阿部剣友投手は196cmの左腕投手、明治神宮大会でも登板し、プロのスカウトから「大化けする可能性がある」と注目される。まだ134キロだが2年生のうちに140キロ台中盤まで伸ばすことができたら、来年は目玉候補になるかもしれない。

山梨学院の栗田勇雅選手は入学直後からマスクを被り、甲子園でも1年生で堂々のリードを見せた。172cmだが長打力もある選手で、チームを引っ張る存在。国士舘の鎌田州真選手は182cmの大型遊撃手、秋は打率.429を記録しており、守備を磨いていければ楽しみ。同じく黒澤孟朗選手は1年生で4番を打った選手、独特の打撃が注目されるが柔道で骨折しセンバツ出場は難しいとのこと。

龍谷大平安の奥村真大選手も180cmの大型遊撃手、秋は打撃でも注目される活躍を見せた。松山聖稜の平安山陽投手は1年生で140キロを記録、秋の四国大会では13奪三振1失点の好投を見せ、センバツ選考でも名前が挙がった。

九州チャンピオンの筑陽学園のショートも1年生が守る。中村敢晴選手は183cmの大型遊撃手で1番ショートで起用された。注目される遊撃手がそろう世代の中で、光りそうな選手。

センバツ出場校と注目選手一覧(2019)


PAGE TOP