オリックス、ドラフト1位・宮城大弥投手と育成6位・大下誠一郎選手が紅白戦で活躍

オリックスルーキーニュース

オリックスは京セラドームでこの日も紅白戦を行うと、ドラフト1位ルーキーの宮城大弥投手が7回から登板し、最速148キロのストレートで2イニングを1安打無失点に抑えた。育成ドラフト6位の大下誠一郎選手もホームランを放った。

若手が活躍

宮城大弥投手は7回に紅組の三番手で登板すると、先頭バッターに146キロのストレートをライト前に運ばれた。

しかし、その後は、チェンジアップでセンターフライに打ち取ると、モヤ選手には143キロのストレートでショートゴロの併殺に仕留めた。また8回はは三者凡退に抑えた。最速は148キロだった。

変化球については「引っかかった感じで、あまりよくなかった」と話したものの、「真っすぐをいいところに決められればプロを打たせられる」とストレートに手ごたえを感じていた。西村監督も「いいとは聞いていたが、その通りのピッチング。いいものを見せてくれた。将来が楽しみですね」と話した。

監督は「しっかり育成していく」と話したものの、早い段階での1軍の起用もありそうだ。

またこの日は、育成ドラフト6位の大下誠一郎選手が、3回にレフトスタンドに3ランホームランを放った。「感触は完璧でした。しっかりと強く振ることを意識して打席に入っていました」と話した。

また、若手の活躍も目立った。3年目の本田仁海投手が最速152キロの速球を軸に、吉田正尚選手、ジョーンズ選手から連続三振を奪う投球を見せた。

本田投手は星槎国際湘南から2017年のドラフト4位でオリックスに指名され、1年目に右ひじを骨折して手術をし育成契約となっていたものの、昨年7月に再び支配下登録されると、山本由伸投手のフォームを参考にフォームを改造し球威が増した。

若手投手の台頭が期待されるオリックス、今年のリーグの台風の目となりそうだ。

オリックス・ドラ1宮城、紅白戦で2回無失点デビュー!「結果的に抑えられてよかった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 オリックスのドラフト1位・宮城が27日、京セラドームで行われた紅白戦に紅組の3番手で登板。2回を1安打無失点で首脳陣にアピールした。
オリックス育成6位の大下 紅白戦でアピール弾「感触は完璧でした」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 白鴎大から育成ドラフト6位で入団したオリックスの大下が紅組の「6番・三塁」で先発出場。3回に左翼越え3ランを放ち「感触は完璧でした。しっかりと強く振ることを意識して打席に入っていました」と胸を張った。
【オリックス】本田仁海が1軍相手に3回2安打3奪三振で0封「少し緊張した。全体的にはいい内容」
 オリックスの本田仁海投手(20)が27日、京セラドーム大阪での紅白戦に紅組で先発。ロドリゲス、吉田正、ジョーンズの主力3人から三振を奪うなど、1軍相手に3回を2安打無失点に抑えて好アピールした。直球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント