9月15日、東北楽天・松井裕樹vs埼玉西武・森友哉の対決あるか!

森友哉, 松井裕樹

 今週末、土曜日から3連休となる。パリーグでは埼玉西武vs東北楽天のカードが組まれており、4本塁打の森友哉選手と東北楽天の松井裕樹投手の、高校生ドラフト1位対決が実現するかもしれない。

祝日15日

 両チームとも優勝争いからは大きく離されてしまった。しかし3連休の最後となる15日は球場にもファンが来られそうだ。

 その15日の西武ドーム、松井裕樹投手は前回は8日に登板し5回2/3で5四球を与えて4失点と乱調でマウンドを降りたが、それから1週間となる。首脳陣から先発ローテから外すというような話もでているが、順番としては松井投手が登板する。

 そして埼玉西武は、森友哉選手が先日の千葉ロッテ戦で4号ホームランを記録するなど成績を残しており、代打、またはスタメンで出場してもおかしくない。

 

18Uではバッテリー

 昨年のドラフト会議で高校生で1位指名を受けたのはこの二人だけ。松井裕樹選手は2年生の夏の甲子園で1試合22奪三振等を記録し、森選手はその大会で優勝するなど春夏連覇をしている。

 また、3年時は18U日本代表として18Uワールドカップに出場し、松井―森のバッテリーで台湾戦や決勝のアメリカ戦などを戦った。

 甲子園では実現しなかった二人の対決、松井投手が三振を奪うか、森選手がホームランを放つか。まずは二人が試合に出場するのかに注目が集まりそうだ。


PAGE TOP