侍ジャパンU23代表メンバー発表、アマチュアからは社会人6選手を選出

社会人野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 侍ジャパン

10月28日よりメキシコで行われる侍ジャパンU23代表のメンバーが発表された。アマチュアからは社会人6選手が選ばれ大学生の選出はなかった。また試合はJ SPORTSでテレビ中継される事も決定した。

U23代表メンバー

発表されたメンバーは次の通り。

守備選手チーム特徴
投手青山大紀オリックス右左
田嶋大樹JR東日本左左
勝野昌慶三菱重工名古屋右右
塹江敦哉広島東洋左左
大野亨輔三菱日立パワーシステムズ横浜右左
安楽智大東北楽天右左
笠原大芽福岡ソフトバンク左右
岸本淳希中日右右
永谷暢章JR東日本右右
本田圭佑埼玉西武右右
歳内宏明阪神右右
捕手柿沼友哉千葉ロッテ右右
佐野洋樹JR九州右右
下妻貴寛東北楽天右右
内野手吉持亮汰東北楽天右右
廣岡大志東京ヤクルト右右
植田海阪神右両
丸子達也JR東日本左左
山下幸輝横浜DeNA右左
三好匠東北楽天右右
外野手真砂勇介福岡ソフトバンク右右
乙坂智横浜DeNA右左
山崎晃大朗東京ヤクルト左左
武田健吾オリックス右右

 

アマチュア側メンバー

侍ジャパンU23代表監督に巨人・斎藤雅樹2軍監督、出場選手24人を予想してみるで予想したが、社会人では日本選手権の出場を逃したJR東日本からエースの田嶋大樹投手、永谷暢章投手、丸子達也選手の3人が選出され、同じく出場を逃したJR九州、三菱日立パワーシステムズ横浜、三菱重工名古屋からの選手となった。

田嶋投手は来年のドラフト1位候補の左腕投手で佐野日大時にセンバツ大会でベスト4入り、149キロの速球を投げる。丸子達也選手も来年のドラフト候補、広陵高校時代からスラッガーとして注目され、早稲田大では少し伸び悩んだものの4年生の春に首位打者に輝き一気に開花をした。永谷投手は履正社時代から149キロの速球を投げ187cmの右腕として注目されている。高校卒の社会人1年目でまだ技術的に課題もあるが、2年後のドラフトでは上位候補に入ってもおかしくない。

勝野投手は土岐商時代に同じ岐阜の県岐阜商・高橋純平投手と比較された投手。183cmから146キロの速球を投げ、チームでは高卒1年目からエース格として投げ、今年の都市対抗では信越クラブ戦、東京ガス戦と2試合すべてに先発をしている。

大野投手は172cmと小柄だが専修大では小さな大エースとして活躍、社会人1年目の今年もエース格として投げ、都市対抗では初戦の昨年覇者・日本生命戦に先発すると、8回途中までを無失点に抑えて撃破した。

佐野捕手は一関学院からJR九州に進み4年目で今年のドラフト候補でもある。高校時代から強肩捕手として注目された。

プロ側のメンバー

プロ側からは、予想した通り基本的に日本シリーズの出場の可能性のないチームから多く選出された。1軍でプレーしている選手は安楽投手、歳内投手、乙坂選手など、またルーキーで千葉ロッテの柿沼捕手や東北楽天の吉持選手、東京ヤクルトの廣岡選手、山崎選手などが選出された。

先発の軸になるのは安楽投手と広島の塹江選手と、社会人の投手か。攻撃陣では阪神の植田選手や吉持選手が足でかき回し、廣岡選手、乙坂選手、真砂選手と社会人の丸子選手が主軸となりそうだ。

出場選手24人を予想してみるで予想した小笠原慎之介投手や青柳晃洋投手、坂本誠志郎選手、茂木栄五郎選手、北條史也選手、吉田正尚選手、オコエ瑠偉選手などの選出がなかったのは残念だが、そのクラスに追いつこうとする選手たちが選ばれ、この経験でもちろん優勝も狙ってほしいが大きく成長してほしい。

侍ジャパンU23代表監督に巨人・斎藤雅樹2軍監督、出場選手24人を予想してみる | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

主戦を期待される安楽は「選んでいただいた以上は期待に応えたい。海外の選手にどこまで通用するか試したい」と球団を通してコメントした。安楽は今季15試合に登板して3勝5敗、防御率3・42。JR九州の佐野は一関学院(岩手)出身で、花巻東時代の日本ハム・大谷と競い合った大型捕手。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント