都市対抗開幕、JX-ENEOSが延長戦でNTT西日本下す

JX-ENEOS, 大城基志, 三上朋也, NTT西日本, 吉川侑輝, 吉元一彦

 都市対抗野球が開幕した。開幕カードは昨年の都市対抗、日本選手権の覇者・JX-ENEOSと、西の雄・NTT西日本が激突した。

 JX-ENEOS先発の大城基志投手は、130km/h中盤のキレの良いストレートを外角の高め、低めに投げまずまずの投球を見せていたが3回に2ランホームランを浴びる。その後は5回まで投げて4安打4奪三振2失点という内容だった。社会人では見逃しでストライクを奪えるストレートがプロで通用するか、毎年ドラフト候補に名前が挙がりながらも指名されないのはその点だろう。とにかく結果を残し続けて評価を待つしかない。

 一方、NTT西日本は安倍建輝投手と2枚看板を勤めていたエースの吉元一彦投手が先発、130km/h後半のストレートと変化球を低めにキッチリと投げ分けて5回まで無失点も6回に四球から崩れて2失点、5回2/3で6安打6奪三振2失点という内容だった。こちらも毎年ドラフト候補に名前が挙がる。投球はそこそこという感じで決め手が欲しいところ。もう1試合見てみたい。

 JX-ENEOSは2番手で三上朋也投手が登板、190cmの大型投手だが、腕を低めにしてスライダーを多投するようになっていた。変化球は良く曲がるが、上から投げ下ろすような感じは失われており少し残念だ。まだ未完成という感じで今年のドラフトでの指名は無いだろう。

 NTT西日本の2番手・吉川侑輝投手は昨年の関大のエース、左からの大きなカーブとキレの良い140km/hを越すストレートで9回まで3イニングを無失点に抑えたが、延長10回につかまりサヨナラヒットを浴びた。吉川投手は来年十分プロを狙える投手だと思う。

 野手では一つ一つ取り上げるのは難しいが、JX-ENEOSのドラフト候補選手達がそれぞれ光るプレーを見せた。

 横浜市は延長十回、2死一、二塁から代打・山岡が左前適時打を放って接戦に決着をつけた。六回以降、救援に立った三上、沼尾の好投が光った。大阪市は三回に梅津の2点本塁打で先行したが、打線がつながらず、踏ん張りを見せた投手陣を援護できなかった。


PAGE TOP