Hondaの小野大夏投手が2回4奪三振

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

22日に行われたENEOSとHondaの練習試合では、Hondaの150キロ右腕・小野大夏投手が2回4奪三振の投球を見せた。

スポンサーリンク

順調ならば1位候補

Hondaの小野大夏投手は、昨年の日本選手権で150キロを記録、低めに伸びるストレートは抜群で、今年順調にいけばドラフト1位指名も予想される。

新型コロナウイルスの影響で対外試合ができない日々が続き、道乗りは万全とはいえないだろうが、それでも活動が制限される中で小野投手はカーブを取得し、「カーブで目線を浮かせることで、得意の真っすぐが生きるようになった」と話す。

この日のENEOS戦ではこのカーブに、最速148キロを記録したストレートを使い、2回を投げて4つの三振を奪った。「全部低め。イメージ通りでした」と話した。

開田監督も「今日は変化球でカウントをとって、真っすぐで三振が取れていた。今日の投球ならいいですね」と話し、来月からの都市対抗予選に期待を寄せた。

都市対抗の予選がスタートし始めており、いよいよ社会人選手の全国大会に向けた戦いが始まる。

2020年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

小野は「カーブで目線を浮かせることで、得意の真っすぐが生きるようになった」と話す。この試合の最速は148キロだったが、奪った4つの三振のうち3つは得意の真っすぐで仕留めた。「全部低め。イメージ通りでした」と手応えをつかんだ表情だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント