福岡大は唐仁原志貴投手の好投と、松田亮汰選手、梅野隆太郎選手の活躍で優勝に王手

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 九州六大学野球リーグでは福岡大が久留米大に7-1で勝利し優勝に王手をかけた。

 福岡大は2年生のエース・唐仁原志貴投手が7回を6安打1失点に抑えると、打っては3番の松田亮汰選手が5打数3安打4打点、4番の梅野隆太郎捕手が5打数2安打2打点と主軸が活躍し勝利を収めた。

 福岡大はプロ注目の梅野隆太郎捕手を始め素晴らしい選手が多く、全日本選手権に出場すれば注目を集める事になりそうだ。

 優勝を争う九州国際大も橋本涼投手が3回からロングリリーフを見せ7回を5安打3失点とまずまずの投球、7-5で勝利し優勝に可能性を残した。九州国際大にも140km/h中盤を記録する投手が多く、こちらも見てみたいチームの一つだ。来週の福岡大vs九州国際大の直接対決で福岡大が1勝でもすれば優勝、九州国際大は2連勝すれば逆転優勝となる。

福大、2季ぶり51度目V王手  - 西日本スポーツ紙面:2013/5/21

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント