東都リーグ、国学大が杉浦稔大投手が投げずも先勝、青学大・杉本裕太郎選手が2本塁打

青学大, 国学大, 杉本裕太郎, 杉浦稔大, 柿田竜吾

 東都大学リーグでは優勝争いをする駒大vs国学大の試合が行われた。

 国学大のエースでドラフト1位候補の杉浦稔大投手は足の捻挫から徐々に回復しており、鳥山監督は「いける状態だったが、将来ある子」と登板を見送った。しかしそんなピンチを同じ4年生の柿田竜吾投手が救う。負けたら優勝が消滅する試合で9回6安打2失点と好投し、大学初完投勝利した。

 対する駒大はここまで6勝0敗の今永昇太投手が登板するも初回に3失点、その後持ち直したものの8回8安打6奪三振4失点で今季初黒星となった。

 また残留争いをする青学大vs専大の試合では、青学大のドラフト候補・杉本裕太郎投手が2本塁打、5打数5安打3打点の活躍を見せた。杉本選手は188cmの右の大砲で50m6.2秒の足もある選手。2年秋にサイクルヒットを記録するなど巧みなバッティングも見せていたが、ドラフト候補として注目される今季は打率が1割台に低迷していた。

 素質は高いものの調子に波があり、今年のドラフト会議で指名されるかはわからない。しかし昨年横浜DeNAに指名された赤堀大智選手のように社会人で経験を積んでプロ入りする可能性は十分ある選手。どんな進路を取る事を決断するのか注目したい。

 国学院大の柿田がクセ球を生かして、駒大打線を手玉に取った。微妙に変化する130キロ台の直球を軸に、内野ゴロで20個のアウトを奪い「相手をじらせる投球に徹した」と、してやったりの表情。116球を投げ抜き、自身3連勝を飾った。エースの杉浦を右足捻挫で欠く状況に加え、敗れれば優勝の可能性が消滅する一戦での好投。鳥山泰孝監督は「よく投げてくれた」と目を細めた。

 青学大の杉本が自身初の2本塁打、5安打の固め打ちを見せた。

 2回に先制の右越えソロを放つと、5回には左翼席へ運んだ。全打席で安打を放ち「何も考えずに適当に打ちました。自分はバカなので考えると打てないので」と笑った。試合前まではリーグ最下位の打率・105だった。専大との5位決定戦でようやく爆発し「こういう状況になったのも自分が打てなかったから。頑張るしかない」と話した。


PAGE TOP