福岡大と日本文理大が決勝で対戦、梅野隆太郎捕手が好リード、田中豊樹投手が4回2安打無失点

福岡大, 梅野隆太郎, 日本文理大, 大森健志, 田中豊樹

 九州大学野球選手権は福岡大が福岡工大を、日本文理大が日本経済大をそれぞれ破り、明治神宮大会出場まであと1つと迫った。

梅野隆太郎捕手が好リード

 福岡大の大森健志投手が福岡工大を相手に6安打11奪三振で完封した。大森選手は3年生で171cmの小柄な左腕だが、テンポが良く制球力があり、リーグ戦では完封勝利が当たり前になっている。大森投手をリードするのが阪神からドラフト4位指名を受けた梅野隆太郎捕手で大森投手は非常に相性が良い。この日もテンポ良く投げてストレートでどんどん追い込むと、得意のスライダーで三振を奪っていった。梅野選手は「明日もうまくリードしていきたい」と話すと大森投手も「勝って梅野さんと抱き合いたい」と話した。

 梅野選手は打撃でも、第1打席は死球、第2打席は勝負を避けられ四球、そして第3打席にヒットを放つと、第4打席でも内野安打を記録した。視察した阪神の田中スカウトが「ドラフト4位で悔しい思いをしていると聞いている」と話した。ドラフト1位候補にも名前の挙がった大学全日本の4番打者は、4年間の集大成を明治神宮大会で見せたいだろう。

秋は初めて、日本文理大

 大学日本選手権で優勝したこともある日本文理大は明治神宮大会出場の経験は無い。この日は日本経済大と対戦し得意の継投で5-2で勝利した。日米大学野球の日本代表にも選ばれた2年生の152km/h右腕・田中豊樹投手が6回からリリーフすると、4イニングを2安打無失点に抑える好投を見せた。

 大学2年生の世代には、昨年の明治神宮大会でノーヒットノーランを達成した富士大の多和田真三郎投手や早稲田大の吉永健太朗投手、明治大の190cm左腕・上原健太投手、福岡大の左腕・唐仁原貴志投手、帝京大の152km/h右腕・西村天裕投手など、ドラフト1位級の投手が揃っている。この世代内でのトップ争いをするためにも全国大会での好投が必要で、こちらも明治神宮大会に絶対に出場したいところだ。

阪神4位梅野、虎・初安打 - デイリースポーツ:2013/11/8

 

決勝は日本文理大vs福岡大 - 西日本スポーツ:2013/11/8

 


PAGE TOP