首都大学リーグ日程発表、混戦の模様

 首都大学リーグが春季リーグ戦の日程を発表した。首都リーグは今季から1部が8チームとなり、これまでの勝ち点制から勝率制に変わる。さらに王者・東海大も渡辺圭投手、猿川拓朗投手という両エースが抜け、リーグは大混戦が予想される。

 

選手層の東海大

 東海大には菅野智之投手から渡辺圭投手と絶対的とも言えるエースが君臨し続けた。猿川投手という優秀な2番手もおり昨年秋は王者に返り咲きを果たしたが、今年はこの二人が抜ける事になる。

 それでも選手層では群を抜く東海大、4年生になる東海大望洋出身の長友昭憲投手や、3年生になる東海大相模のセンバツ優勝メンバー・近藤正崇投手、さらに18Uで大谷翔平投手や、藤浪晋太郎投手と共に先発を務めた東海大甲府出身の2年生・神原友投手と、系列高校出身のエースが揃う。

 また、野手も佐藤大貢選手、臼田哲也選手といった東海大相模の甲子園優勝メンバーが3年生でチームの中心となってくる。プロから注目された逸材だけに成長を期待したい。また健大高崎で注目された竹内司選手、光星学院で注目された天久翔斗選手などの2年生、さらに東海大相模の遠藤裕也選手、広陵の下石涼太選手、文徳の本田建都投手など強力な1年生も入部する。

 エースや4番としてはっきりと名前が挙げられる選手がいないものの、それを埋める選手が必ず出てくると思わせる選手層の厚さが武器だ。

東海大の隙を狙う日体大、絶対的エースの帝京大など

 対抗馬としてはやはり日体大が挙げられる。日体大は菅野智之投手や渡辺圭投手のいた東海大を相手にしても、辻孟彦投手の活躍や平野智基選手の活躍でリーグ優勝を決めている。昨秋防御率1位となった樋口宇大投手や2年生になる小川慶也投手、菅沼賢一選手など素質の高い選手がそろう。対抗馬一番手だろう。

 また帝京大も絶対的エースの西村天裕投手がいる。150km/h中盤を記録する速球で来年のドラフト1位確実と言われるエース。2番手を任せられる投手が出てくれば強い。筑波大も150km/hの速球を投げる木部拓実投手など楽しみな選手が多く、城西大もエース・直塚政哉投手が最終学年となる。

 東京経済大、桜美林大、大東大も候補選手に名前が挙がる選手がいる。制度が変わり混沌とする中で流れを掴むのはどの大学か、4月12日に開幕する。

 

 

 東都大学リーグ5連覇中の亜大が16日、全面人工芝に改修された東京・西多摩郡の新グラウンドで東京六大学リーグ2連覇中の明大と完成記念試合を行った。亜大・山崎康晃投手と明大・山崎福也(さちや)投手(ともに3年)の両エースが先発した「山崎対決」は、明大の187センチ左腕に軍配。ドラフト1位候補同士の投げ合いに、日米12球団のスカウト陣も集結した。

 明大のエース左腕・山崎は6回3安打無失点。毎回の6奪三振で勝利を引き出し、昨秋の明治神宮大会決勝で敗れた借りを返した。直球は141キロと調整段階だが、フォーク、ツーシーム、カットボールは納得の精度。「(山崎との投げ合いで)試合自体に勝ちたいと思っていましたし、0点で抑えられてよかった。リーグ戦に向けいい試合ができました」と笑顔だった。

  昨年の日米大学選手権で同部屋だった亜大・山崎とは普段から連絡を取り合う仲。その一方で「意識する投手の中の一人」とライバル心をむき出しにした。最速141キロの直球を主体に、武器のスライダーで空振りを奪うなど2回までパーフェクト。さらに、カーブ、ツーシーム、フォーク、カットボールと多彩な変化球で的を絞らせなかった。持ち前の制球力も光り、四死球は1。日本ハム・今成泰章スカウトは「器用だし低めの制球も素晴らしい。間違いなくAクラス」と評価した。

首都大学野球 - サンケイスポーツ

PAGE TOP