中央大がスポーツ推薦合格発表、小山台・伊藤優輔投手、岩国・柳川健大投手など13人が合格

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

 中央大がスポーツ推薦合格を発表し、小山台・伊藤 優輔投手、岩国・柳川 健大投手など13人の合格を発表した。

2014年中央大学推薦合格者(野球部)

守備選手名高校特徴説明
投手持地克哉福島工180cm72kg 右左最速141km/hの速球があり春にプロ6球団のスカウトが視察
投手喜多川省吾前橋育英176cm72kg 右右141km/hの速球があり高橋光成投手の控えながら注目された
投手伊藤優輔小山台177cm67kg 右右最速144km/h、昨秋に堀越、早実に勝利、11球団視察
投手柳川健大岩国184cm68kg 右右最速145km/h、キレのある速球で昨秋快進撃
捕手田畑瑛仁浦和学院調査中 
内野手国吉竜也習志野173cm70kg 右右俊足でチームの1番として相手をかき回し、好守備も見せる
内野手篠田康成関東第一調査中 
内野手広谷真也日大三調査中 
内野手五十嵐一桐蔭学園175cm88kg 右右チームの主砲として活躍、中学時代投手の強肩も
内野手河合泰聖龍谷大平安170cm77kg 左左小柄ながら飛距離あり4番、センバツで全国制覇立役者
内野手上野剛河熊本北調査中 
外野手梶栄斗市尼崎調査中 
外野手大城幸泰糸満調査中 

 

 13人と他の大学よりはやや少なめだが、投手陣はプロが注目した選手ばかりを集めた。4投手ともに体はまだ細いものの140km/h台を記録し、球のキレで勝負するタイプが揃った。多摩の山で坂道を走って体を作り、今より球速を増すことができれば、楽しみな投手陣となる。

 捕手の田畑選手は元プロ野球選手・田畑一也選手の長男、1年間小島和哉投手とバッテリーを組んだ。また河合選手は小柄ながら龍谷大平安の4番を打ち、センバツの決勝、9回の最終打席でホームランを放つなど長打力が光る。桐蔭学園の五十嵐選手など4番候補も揃えた。

 

優勝目指して

 島袋洋奨投手の不調により春は最下位争いをしたものの、山手投手など下級生の投手と福田 将儀選手、羽山 弘起選手といった4年生の打者が踏ん張り秋は3位となった。

 ただしまだ、入れ替え戦にならないようにといった下を見ながらの戦いになってしまっている。亜細亜大、駒澤大、国学院大のように大量に補強をすることができないが、質の高い選手たちを育てて、優勝を目指して欲しい。

 高階 隼選手、神里 和毅選手、泉澤 涼太選手などが4年生となった来年は投手陣がしっかりすれば上を狙える。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント