九産大・高良一輝投手が16奪三振完封!スカウトも「来年が楽しみ」

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2016年ドラフトニュース

 仙台大の熊原健人投手と投げ合った九産大の3年生・高良一輝投手、抜群のコントロールとキレのある速球で、序盤から三振を奪いまくり、5回まではノーヒットピッチングを続けた。

9回2安打16奪三振

 序盤は速球でも変化球でも面白いように空振りが奪えた。今年覚えたというカットボールも冴えたが、球速も140km/h前半で、来るとわかっていたも空振りを奪う速球が素晴らしかった。しかし5回までに二桁奪三振を記録すると、さすがに疲れが見え、ストレートで空振りは奪えなくなると、6回2アウトに初ヒットを打たれた。

 それでもその後はカットボールを軸に空振りを奪い、結局9回を投げて2安打16奪三振と、圧巻のピッチングを見せた。

 

プロへ

 このピッチングに、熊原健人投手の視察に来ていたスカウト陣も高い評価で、中日の石井スカウトは「スピードもいい。角度もある。来年の目玉になるでしょう」と話すと、東京ヤクルト・小川SDも「制球、切れが素晴らしい。来年が楽しみ」と評価した。

 沖縄・興南高校では、島袋洋奨投手の2つ下の学年で、夏の甲子園優勝も経験している。島袋投手がプロ入りし、今年は立教大の大城滉二選手もドラフト候補になる。高良投手は「将来的には自分もプロに憧れはあります」と話し、先輩の後に続きたいという思いを口にした。

 来年のドラフト候補として注目されることになる。

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

第64回(2015年)全日本大学野球選手権、注目選手一覧! | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

今秋のドラフト1位候補右腕・熊原健人との投げ合いに、ネット裏にはアマ野球初視察となった巨人・堤GMら各球団が集結した。中日・石井スカウトは「スピードもいいし、角度もある。来年の目玉になるでしょう」と賛辞を惜しまなかった。

「小さい頃から投げ方はほとんど変わっていない」。ゆったりとしたフォームはテークバックが小さく、球の出どころが見づらいため打者にとっては厄介だ。1四球と制球も抜群で、今春リーグ戦では防御率0・31と安定。この日は自己最速にあと2キロと迫る最速146キロの直球と、今春リーグ戦前に完投数を増やしたいと磨きをかけたスライダーを駆使した。縦のスライダー、カットボール気味に小さく曲がる2種類を使い分け、6回2死まで無安打。三振16個のうち15個を空振りで仕留めた。

興南高(沖縄)では1年の夏の甲子園でベンチ入り。チームの春夏連覇を経験した。当時のエースは左腕・島袋(ソフトバンク)。「将来的には自分もプロに憧れはあります」と来秋のドラフト候補へ名乗りを上げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント