東都大学リーグの4年生進路、日大・千葉翔太選手は九州三菱自動車でプロ入り目指す

社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

東都リーグの4年生の進路がスポーツ紙各紙に掲載されている。花巻東時代にカット打法で話題となった日大の千葉翔太選手は、九州三菱自動車に進み2年後のプロ入りを目指す。

東都リーグの4年生進路

東洋大4年生の進路(2017)
亜細亜大4年生の進路(2017)
立正大4年生の進路(2017)
中央大4年生の進路(2017)
国学院大4年生の進路(2017)
駒沢大4年生の進路(2017)
専修大4年生の進路(2017)
※日大は進路を公表せず、青学大、拓殖大、国士舘大、東農大は後日掲載します。

東都リーグは今年は東洋大が春・秋のリーグ戦で優勝した。4年生エースの飯田晴海投手を中心に、来年のドラフト候補・甲斐野央投手、梅津晃大投手、中川圭太選手など3年生が活躍した。しかし大学野球選手権は初戦で北海道東海大に敗れ、明治神宮大会も富士大には勝利したものの、準決勝で日体大に敗れ、全国制覇には届かなかった。

そして戦国東都、春は専修大が1部最下位となり、2部1位の立正大との入れ替え戦の末、2部降格となった。そして秋も日大が1部最下位となると、2部1位の駒澤大に入れ替え戦で敗れ降格となった。2部でも激しい戦いが繰り広げられている。

日大・千葉翔太選手は2年後プロ目指す

花巻東時代に甲子園でカット打法を見せ、相手投手に球数を投げさせ、審判がバントととして判断する可能性を示唆するなど話題となった千葉翔太選手、その時に批判を受ける事もあったが大学でもそのスタイルを貫き通した。

4年間を通じて試合に出場したりという事はできなかったものの、スタイルを貫いた結果、社会人の九州三菱自動車から声がかかり、入部する事になった。千葉選手は社会人でも「スタイルは変えない」と話す。

そして千葉選手は「レベルはすごい高いけど、上を目指してやりたい」と話した。プロでも日本ハムの中島卓也選手がファールを打ち続け、プロでも結果を残して1億円プレーヤーとなっている。千葉選手もそこを目指していく。

日本大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント