盛岡大付の3投手が大学4年間の活躍誓う、147キロ右腕・臼井春貴投手は中部学院大へ

盛岡大付, 臼井春貴, 三浦瑞樹, 平松竜也

盛岡大付は昨年センバツでベスト8、夏の甲子園でもベスト8に勝ち上がる強いチームだった。それを支えた3人の投手が、それぞれの大学で活躍を誓う。

それぞれの大学で

183cmの身体から146キロの速球を投げ、プロから注目された平松竜也投手は、プロ志望を表明していたものの「このままプロへ行けたとしても置いていかれる。大学で即戦力となりたい」と話し、一転、大学進学へ進路を決めた。その中で、「技術も精神面も成長できたのは東北の厳しい環境があったから。ここからもう一度力をつけたい」と話し、東北の八戸学院大を選択した。

「まずは8連覇の富士大を倒して全国へ行くのが目標。」とリーグ戦で絶対王者となっている富士大に勝つこと、「そしてドラフト1位でプロへ行く。4年間を大事に過ごしたい」と4年後にさらに成長してプロ注目選手になることを誓った。

神奈川出身の三浦瑞樹投手は2年生夏と3年春・夏の甲子園で合計9試合に登板するエースだった。キレの良い左腕投手として注目されたが、「高校では体ができていなかった。4年間でしっかり体を作りたい」と話し、大学では体を作り、目標とする菅野智之投手のように力強い球を投げることを誓う。

「東北が好きなので、ここで続けたかった。レベルが高く、全国でも知られているチームで名前を売りたい。大事な試合を任される投手になる」と話し、同じく東北の強豪・東北福祉大を選択した。

リーグは違うものの、秋の明治神宮大会に向けた戦いでは、東北代表の座を争う事になる両リーグ、平松投手は、「ずっと仲良くやれたのは誇りだが、やっぱりライバル。対戦したかった。絶対に勝ちたい」と話すと、三浦投手も「チームのエース同士で投げ合いたい。ぶっ倒すつもりでやりたい」と話した。

147キロ右腕は全国大会で

また最速147キロを投げた臼井春貴投手は、中部学院大を選択した。三浦投手と共に神奈川の瀬谷ボーイズ出身で高校でもチームメイトとしてプレーしたが、大学は遠く離れる。

臼井投手は、「圧倒的な力でこいつは打てないと思われるようになりたい。みんなと神宮で再会したい」と話し、全国大会で平松投手や三浦投手との再会を目指す。また、「4年間の活躍より、その後の未来を明るくしたい」と話し、4年後のプロ入りに向けた強い決意も示した。

バイタルネットに進んだ植田拓選手、巨人に進んだ比嘉賢伸選手、それぞれの進路で成長が楽しみ。

盛岡大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

プロ志望だったが、大会前からの右肩痛を考慮。「このままプロへ行けたとしても置いていかれる。大学で即戦力となりたい」と川島亮(元ヤクルトなど)、塩見貴洋(楽天)ら好投手を育てた正村公弘監督が率いる八戸学院大への進学を決めた。

 「まずは8連覇の富士大を倒して全国へ行くのが目標。そしてドラフト1位でプロへ行く。4年間を大事に過ごしたい」

2人とともに横浜瀬谷ボーイズから盛岡大付に進み、外野手兼任で投手陣の一角を担った臼井春貴選手(3年)は、中部学院大(岐阜)に進学。最速147キロで、大学では投手で勝負する。「圧倒的な力で『こいつは打てない』と思われるようになりたい。みんなと神宮で再会したい」。将来はプロか社会人でのプレーが目標。「4年間の活躍より、その後の未来を明るくしたい」と目を輝かせた。


PAGE TOP