東洋大が選手権出場!甲斐野、上茶谷、梅津が全国のチームから目標に

東洋大, 甲斐野央, 上茶谷大河

東都リーグは東洋大が上茶谷大河投手の3連投により優勝をした、上茶谷投手は今季6勝目となった。

3連投

体的には非常に厳しいのは間違いない。それでも上茶谷大河投手は6回1安打無失点の好投を見せた。「高校でも3連投はなく、一回にベンチに戻ったときは完投したぐらいの疲労だった。」と素直に話した。しかし、「疲れた中で投げられたことがよかった」と、力だけでなくチェンジアップを駆使して、力みを入れずに投げられ、それが良い投球へとつながった。中日・正津スカウトは「ピッチングのコツを覚えた感じ」と評価した。

それでも球速は150キロを記録し、底知れない力も見せている。しっかりとした下半身の土台があり、きれいなフォームで投げられる。疲労があってもフォームが崩れないのは、上茶谷投手の技術がしっかりしているからだろう。3連投を称える事はしたくないが、チームを優勝に導いた上茶谷投手の投球は凄かったし、今後、上茶谷投手を語る時には必ずついてくる実績となるだろう。

全国のチームの目標に

7回からは甲斐野央投手が登板した。リリーフではあるものの前の試合でも3イニングを投げており、疲労はあったと思う。それでも最速153キロを記録した力のあるストレートに、得意のフォークを交えて3回1安打3奪三振で無失点に抑えた。

東洋大は梅津晃大投手がシーズン途中に故障をし、1試合のみの登板だったが、上茶谷投手と甲斐野投手の力で見事に優勝を果たした。上茶谷投手はこの春でドラフト1位候補となり、甲斐野投手はドラフト1位指名を確実なものとした。ドラフト1位候補3人がそろう東洋大は、大学野球選手権に出場する全国のチームの目標となる。

選手権でこの3投手が全国の強打者とどのように対峙していくのか、そして梅津投手の復帰登板があるのかなどにも注目したい。

2018年度-大学生投手のドラフト候補リスト
東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

疲労がにじむ上茶谷が、最速150キロの直球にチェンジアップを駆使すれば、七回から登板の甲斐野も最速153キロの直球にフォークもまじえ、亜大打線を封じた。

今春までリーグ戦先発も白星もなく、通算6試合で4回2/3しか登板がなかった右腕がMVP、最優秀投手、ベストナインの3冠。2月に就任した杉本新監督との出会いで、全てが変わった。「僕に躍進のきっかけを与えてくれた人。去年までの打たれた試合の映像を見て、分析してくださった。進路も社会人野球を考えていたけど、プロに行けと」

今年2月2日に色紙に書いて寮の部屋に貼った目標は「3勝以上」「プロ注目」「150キロ」。今季初先発すると、リーグ最多の6勝。最速も151キロを計測し、歴代7位の87奪三振を記録した。最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインの3冠にも輝き、色紙もリーグ戦中に「5勝」「プロ行く」「155キロ」「ドラフト1位」と書き換えていた。


PAGE TOP