JR東日本が都市対抗出場決定、来年ドラフト候補の太田龍投手が153キロリリーフ

JR東日本, 太田龍

都市対抗東京地区2次予選は、JR東日本が明治安田生命を下し、最後の本戦出場切符を獲得した。高卒2年目の太田龍投手が153キロの速球で好リリーフを見せた。

予選で成長

昨年もオリックスのドラフト1位・田嶋大樹投手を擁して、都市対抗本戦でベスト8まで勝ち上がった社会人野球の強豪JR東日本だが、今年は田嶋投手がぬけた穴が埋められず、投手の軸ができずに大量失点する試合も目立った。また、春先は猛打を見せた打線も、あと1点が奪えない試合が続いた。

都市対抗2次予選でも、鷺宮製作所に4-5で敗れ、セガサミーに2-3で敗れて第4代表決定トーナメントに回っていた。それでも接戦を続けていくうちに、投げられる投手が絞られていった。この日は4年目の左腕、大澤投手が先発して6回まで無失点の好投を見せると、7回からは、れいめい高校時代に140キロ後半の速球を投げて注目された太田龍投手がリリーフで登板した。

太田投手はこの日は最速153キロを記録、3イニングを無失点に抑える好投を見せた。太田投手も負けが多かったこの春に、主にリリーフとして登板機会が多く、成長してきた。

ようやく投手時の軸の姿が見えてきたJR東日本、ギリギリで本戦出場となった。来年のドラフト上位候補・太田投手には、非常に大きな舞台となる。本戦でも150キロ超の速球を見せ、インパクトを残して来年を迎えてほしい。

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-社会人のドラフト候補リスト

左腕・大沢が六回まで、七回からはれいめい高(鹿児島)出身の2年目右腕・太田が最速153キロの直球を中心に得点を許さず、東京最後のキップを手にした。


PAGE TOP