国学院大の主砲・鎌仲純平選手は社会人入り目指す

国学院大, 鎌仲純平

国学院大で3年時から4番を打ってきた鎌仲純平選手が、社会人入りを目指していることが分かった。

東都の強打者

鎌仲純平選手は北海高校時からスラッガーとして注目され、そのスイングスピードは高校でもトップクラスだった。国学院大に進むと3年春に2本塁打を放ち、4番を任されてきた。今年春も4番を打ち、打率は.233だったものの2本塁打を打っていた。

そして秋も4番で出場をしていたが、開幕から2試合でノーヒットが続き、駒大3回戦ではスタメンから外れた。そして今週の立正大との1回戦では7番を打ち、この日は5番で出場した。すると2回にソロホームランが飛び出し、6回にはライト前へのヒットで2安打1打点を記録した。「4番を外れて悔しかったので、戻って打てるようにしたい」と話し、大学6本目のホームランについても手ごたえを感じていた。

鎌仲選手はプロ志望届は提出せずに社会人野球を目指す。社会人で屈指のスラッガーとなってほしい。

2019年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

プロ志望届は出さずに社会人野球のステージを目指す左のスラッガーは、2010年秋以来のリーグ戦Vに気合十分だ。


PAGE TOP