来年のドラフト候補、北九州市立大の150キロ右腕・益田武尚投手が2安打完封で優勝

北九州市立大, 益田武尚

九州六大学リーグでは、北九州市立大が6季ぶりの優勝を決めた。150キロの速球を投げ、来年のドラフト候補として注目される益田武尚投手が、福岡大を2安打に抑えて完封した。

今季ブレーク150キロ右腕

益田武尚投手は嘉穂高校出身で、高校2年時に130キロ後半を投げると、3年夏までに145キロを投げるようになり注目されていた。

しかし進学した北九州市立大では1年時からリーグ戦に登板し期待を受けていたものの結果を出すことができず、「先輩に頼ってベンチで声を出すこともなかった。」と話す。しかし、今年の4年生が春のリーグ戦で引退をすると、エースの自覚が生まれ「今季は声を出し、自分が降板した後もベンチワークを頑張ってきた」と話す。徳永監督も「今までは幼さが見えていたが、人間性が格段に成長した。こんなに変わるのかと思うぐらい」と驚くほどだという。

それが成績にもつながり、今季は3勝0敗でこの日の福岡大との決戦を迎えると、この日も149キロのストレートを軸にカットボール、スプリットを決め球に使い、2安打9奪三振で完封した。「初回から飛ばしました。ゼロで抑えようと思った」と話した。

これで益田投手は最優秀投手、そしてMVPに輝いた。高校3年時はプロも注目したが故障をしてしまい、夏の大会は代打での出場のみで終わっていた。来年は再びプロが注目する年となる。エースとしての投球を続けて行ければ、ドラフト候補として上位指名の声も出てくるかもしれない。

2020年度-大学生のドラフト候補リスト

北九大6季ぶりV、益田2安打完封MVP 西日本スポーツ紙面 2019/10/8

 


PAGE TOP