上武大の148キロ右腕・岩本淳太投手がプロ入り目指す

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

上武大で、高校1年の時に148キロを記録し期待された岩本淳太投手が、今年のプロ入りの目標を掲げた。

スポンサーリンク

高校、リーグ戦で昨秋まで実績なし

岩本淳太投手は広陵高校出身で、2017年広島ドラフト1位の中村奨成選手と同学年だった。高校1年で148キロを記録し大きく期待をされたがものの、その後はケガと手術などで実績を作れず、上武大に進学した。

大学でも2年まではリーグ戦での登板はなかった。昨年は春のリーグ戦が中止となったものの、秋のリーグ戦で初登板を果たした。「痛みは全くなくて、球速は146キロまで戻っている。この春から、実戦的な投球に入っていきたい」と話す。

上武大では昨年、佐藤蓮投手が4年秋のリーグ戦で初登板をはたすと、150キロの球を連発し、阪神にドラフト3位で指名されている。岩本投手もプロ入りの意思を持ちながら、4年でのブレークを目指し体を鍛えて182cm86kgとなった。

谷口監督も「球の質、特にベース板上で強い球で打者を詰まらせるのがいい。あとは登板経験と制球」と話す。春のリーグ戦に見てみたい投手の一人だ。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-関甲新学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

広島・広陵高3年夏、中村奨成捕手(現広島)中心に甲子園準優勝の主将で、けがと手術で高校から昨秋まで実績はないが、高1で最速148キロを投げた右腕は、「痛みは全くなくて、球速は146キロまで戻っている。この春から、実戦的な投球に入っていきたい」と目を輝かせる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント