ソフトバンクのドラフト6位指名・桐蔭横浜大の吉田賢吾捕手が大学最終打席でホームラン

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

関東地区大学野球選手権では、福岡ソフトバンクにドラフト6位で指名された桐蔭横浜大の吉田賢吾選手が9回裏にホームランを放ち、大学最後の打席で公式戦通算15本目を記録した。

スポンサーリンク

勝って終われなかった

創価大との準決勝で桐蔭横浜大は、0−2の9回1アウトの場面で吉田賢吾選手が打席に入ると、横浜スタジアムのレフトスタンドに放り込むホームランを放った。これで1点差となったものの、後続2人が抑えられて1−2で敗れ、これが大学最後の打席となった。

吉田選手は、昨年秋のリーグ戦で5本塁打、今年春のリーグ戦で6本塁打を放つなど、これまで公式戦で14本塁打を放っており、これで通算15本目のホームランとなった。「やって来たことを全部出そうと三振を恐れず思い切って振った」と話した。

しかし、試合に敗れて「勝負は勝たなければ。勝って終われなかったことが、キャプテンとして申し訳なく思います」と話し涙を見せた。

この日は福岡ソフトバンクの松本スカウトが視察し、「コンタクト能力が高いうえに、飛ばす力もある。プロでも十分勝負になると思うし、レギュラーを取るつもりで頑張ってほしい」と期待を示した。3割、30本を目標とする吉田選手、捕手としても能力は高いが、打撃での期待が高く、スラッガーとして1軍の試合に出場できるようになりたい。

2022年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【大学野球】 ソフトバンクのドラ6桐蔭横浜大・吉田賢吾 意地の一発も終戦に涙
  ソフトバンクにドラフト6位で指名された桐蔭横浜大の吉田賢吾捕手(4年=横浜商大高)が、0―2の9回裏1死無走者から左翼席へ意地の一発を突き刺した。
桐蔭横浜大10年ぶり日本一ならず ソフトバンク6位吉田賢吾「申し訳ない」宣言通り弾も敗戦に涙 - アマ野球 : 日刊スポーツ
桐蔭横浜大(神奈川大1位)が創価大(東京新大学2位)に敗れ、10年ぶりの日本一とはならなかった。ソフトバンクから6位指名された吉田賢吾捕手(4年=横浜商大高)… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ソフトBドラ6の桐蔭横浜大・吉田 大学最終打席で“有終弾” 「最後にやってきたことを出そうと」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 桐蔭横浜大は創価大に1―2で競り負けたが、ソフトバンクからドラフト6位指名を受けた強打の捕手・吉田が、大学最終打席で一発を放った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント